2013年06月29日

ヒンデンブルク 第三帝国の陰謀

〈2013年映画感想12本目〉
ヒンデンブルク 第三帝国の陰謀
HINDENBURG
2011年 ドイツ 110分
監督:フィリップ・カデルバッハ
脚本:ヨハネス.W.ベッツ,マーティン・プリストル,フィリップ・ラゼブニク
配給:東映
出演:マキシミリアン・ジモニシェック,ローレン・リー・スミス,グレタ・スカッキ,クリスティアーネ・パウル,ハイナー・ラウターバッハ,ウルリッヒ・ヌーテン,ステイシー・キーチ,ヒンネルク・シェーネマン

 20世紀の航空史に残るヒンデンブルク号の爆発炎上事故を題材にした群像映画。元々はドイツで180分のTV映画として制作された作品です。それを110分にまとめて劇場公開したとのこと。劇場版で削除された70分の内容が如何なるものだったのか気になるところではあります。なお,映画パンフレットに『銀河英雄伝説』の田中芳樹が寄稿しているのが個人的には楽しかったです。

続きを読む
posted by 森山 樹 at 16:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 感想(映画館)