2013年07月20日

2013年上半期回顧録

上半期に鑑賞した映画は全部で30本。
見逃した作品も多いけれど,結構な数を見たなあという印象です。
月平均にすると5本かあ。
もうちょっと見られそうな感じもしますけれどね。
その内で国内映画は6本ですが,その殆どはアニメか特撮。
このあたりは自分の映画趣味の偏重ぶりを如実に表しています。
もう少し映画鑑賞の枠を広げたいなあとは思っています。
とは言え,全く興味の湧かない作品を鑑賞する気もないのですけれどね。
今後も娯楽性の高い作品を中心に鑑賞することになりそうです。

上半期の作品で特に印象的なのはやはり『レ・ミゼラブル』でしょう。
恐らく自分史上初めての劇場で2度鑑賞した作品であります。
ミュージカル映画の初体験という意味合いに置いても特筆すべき作品でした。
『ホビット 思いがけない冒険』もファンタジィ映画好きとしては存分に堪能。
残る2部と3部の公開を心待ちにしています。
後はやはり『TED/テッド』かなあ。
この種の映画が大ヒットするというのもちょっと興味深いものがありました。
アクション系は結局のところ似たり寄ったりの作品ばかり。
その中では『ラスト・スタンド』の爽快感が心に残っています。
『ダイ・ハード/ラスト・デイ』のがっかり感とは好対照。
唯一鑑賞した国内映画『探偵はBARにいる2』はこんなものかなあ。
原作が地味だから仕方ない部分もあるのですけれどね。
大泉洋と松田龍平の掛け合いは素直に面白かったです。
『アイアンマン3』も好きだけど,『アイアンマン2』には劣るかなあ。

下半期も期待の映画が結構揃っています。
特に『パシフィック・リム』には大いに期待をするところ。
宮崎駿監督の『風立ちぬ』は現時点では鑑賞は未定。
精神的にきつい映画という予感がしているのですよね。
とりあえずはやはり関心のある映画は極力見逃さないようにしたいもの。
感想も随時書いていこうと思います。
上半期と同程度には鑑賞出来れば満足いくことでしょう。
posted by 森山 樹 at 19:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞記録