2013年08月03日

2013年7月映画鑑賞記録

2013年7月に鑑賞した映画は以下の4本。
・ファインド・アウト
・スプリング・ブレイカーズ
・劇場版銀魂完結篇
・ワイルド・スピード:ユーロ・ミッション

7月は4本の映画を鑑賞。
何かと忙しくてあまり映画鑑賞に行けなかったのは無念。
その分は8月に取り戻したいところであります。
『ファインド・アウト』は完全にアマンダ・サイフリッド目当て。
彼女の美貌を存分に堪能することが出来ました。
サスペンス映画としても非常に楽しかったけれどね。
やや突っ込みどころが多いことを度外視すればですけれども。
何はともあれ,今後もアマンダ・サイフリッド映画は観に行くことになるでしょう。
『劇場版銀魂完結篇』は概ね満足。
いつも通りに酷いお話でしたが,最後は泣かせるあたりが流石というか。
もうちょっと過去篇に傾斜したお話かなという期待は裏切られたけれどね。
これは本篇での展開を楽しみにしたいところであります。
残念なのは自分の好きなキャラの出番が全くなかったこと。
ただでさえ登場人物が多い作品だから仕方ないことではあるけれどなあ。
『ワイルド・スピード:ユーロ・ミッション』は期待通りに満足の作品。
まだまだ続きがありそうなのが楽しみでなりません。
ただ,ガル・ガドットが今作をもって退場というのはかなり惜しい。
代わって,ミシェル・ロドリゲスが復帰することになりましたけれど。
過去作との絡みも結構あるので4と5は見ておいた方がいいですね。
相変わらず爽快で痛快なカー・アクションを心行くまで堪能できます。
『スプリング・ブレイカーズ』は久しぶりに見たダメな映画だったなあ。
正直,語る内容が殆どないというのは辛い。
ダメな映画なりに楽しむことが出来ないというのは最悪ですね。
こういう映画を引かないようにしないといけません。

posted by 森山 樹 at 09:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞記録