2013年09月29日

L.A.ギャングストーリー

〈2013年映画感想21本目〉


L.A.ギャングストーリー
Gangster Squad
2013年 アメリカ 113分
監督:ルーベン・フライシャー
脚本:ウィル・ビール
配給:ワーナー・ブラザーズ
出演:ジョシュ・ブローリン,ライアン・ゴズリング,ショーン・ペン,エマ・ストーン,ニック・ノルティ,アンソニー・マッキー,ジョヴァンニ・リビシ,マイケル・ペーニャ,ロバート・パトリック,ミレイユ・イーノス,サリヴァン・ステイプルトン

 1940〜1950年代のロサンゼルスを舞台に市警とマフィア一味の戦いを描く犯罪アクション映画です。ロサンゼルス市警そのものにさえ侵食したマフィアの勢力を排除する為にビル・パーカー本部長が組織した特別チームの活躍が中心となります。このあたりは史実と異なる部分も多々あるので,純粋に娯楽映画と割り切るのが吉でありましょう。特に人種差別主義者として悪名高いビル・パーカーを正義感の強い警察指導者として極度に美化されていることにはかなり違和感を覚えます。寧ろ,本作で悪役とされるミッキー・コーエンの方がそこまでの極悪人ではないという印象が強いのですよね。毒を持って毒を制すという本作の手法そのものは面白くありますが陳腐と言えば陳腐。悪と悪の戦いが単純な勧善懲悪に貶められた感さえします。但し,出演陣は非常に魅力的。特にジョン・オマラ役のジョシュ・ブローリンが非常に格好良かったです。ライアン・ゴズリング演じるジェリー・ウーターズの瀟洒な格好良さとは異なる骨太な魅力が素晴らしい。また,ミッキー・コーエンとジェリー・ウーターズの間で揺れる美女グレイス・ファラデー役のエマ・ストーンも大層美しかった。ミッキー・コーエンと戦うロス市警特別チームの主人公としてのジョン・オマラと物語上の主人公ジェリー・ウーターズのふたりの対比は面白かったです。当初は面倒事を嫌っていたジェリーが親しい者の死を受けて正義感を取り戻していく姿が印象に残りました。なればこそ,やはりもうちょっと物語を何とかして欲しかった惜しい作品に思えます。決して楽しめなかったわけではないのですけれどね。史実を元にするならば,相応に史実を尊重して欲しいと思うのです。
posted by 森山 樹 at 12:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 感想(映画館)

2013年09月28日

ラストスタンド

〈2013年映画感想20本目〉


ラストスタンド
The Last Stand
2013年 アメリカ 107分
監督:キム・ジウン
脚本:アンドリュー・クノアー
配給:ライオンズ・ゲート
出演:アーノルド・シュワルツェネッガー,フォレスト・ウィテカー,ジョニー・ノックスビル,ロドリゴ・サントロ,ジェイミー・アレクサンダー,ルイス・ガスマン,エドゥアルド・ノリエガ,ピーター・ストーメア,ジェネシス・ロドリゲス

 『ターミネーター3』以来となるアーノルド・シュワルツェネッガー主演のアクション映画。というだけで,ある程度内容の想像が出来てしまうのが素晴らしい。その想像を微塵も裏切ることはありません。実に正しいシュワルツェネッガー主演映画ということが言えるでしょう。流石に老いは感じますけれど,その圧倒的な雰囲気はやっぱり格好いい。寧ろ,老練さを加味して,一段と格好良さを増した感があります。物語は王道そのもの。脱獄してメキシコへと逃走を図る凶悪犯一味をシュワルツェネッガー演じるレイ・オーウェンズ保安官とその仲間たちが迎撃するという形となります。今作の悪役たるガブリエル・コルテス役のエドゥアルド・ノリエガの精悍な佇まいがまた格好いいのですよね。シボレー・コルベットZR1を駆る姿に魅了されます。コルテス率いる凶悪な犯罪者集団が最新鋭の銃器を操るのに対してオーウェンズ保安官たちは地元の武器マニアが保管していた旧式の武器で立ち向かうという構図もいいです。熟知した地の利を存分に生かした戦術は大好きなんですよね。物語はあってないようなものなので,素直にアクションを楽しむべきでありましょう。やや残虐な描写は多いので見る人は選ぶかもしれませんけれども。鑑賞後に何か残る類の映画ではありませんが,純然たる娯楽映画としては全く問題がありません。久しぶりに主演として大暴れするシュワルツェネッガーの姿を楽しめただけで満足であります。
posted by 森山 樹 at 09:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 感想(映画館)

2013年09月23日

スーパーヒーロー大戦Z

〈2013年映画感想19本目〉


スーパーヒーロー大戦Z
2013年 日本 92分
監督:金田治
脚本:米村正二
配給:東映
出演:石垣佑麿,池田純矢,小宮有紗,白石隼也,竜星涼,三浦力,森田涼花,大場健二,本田博太郎,水樹奈々(声)

 「仮面ライダー×スーパー戦隊×宇宙刑事」と銘打たれた特撮系ヒーローのクロスオーバー作品です。現在放映中の『仮面ライダーウィザード』と『獣電戦隊キョウリュウジャー』に加えて『宇宙刑事ギャバン』が中心となりますが,物語としては『海賊戦隊ゴーカイジャー』のゴーカイシルバーこと伊狩鎧と『特命戦隊ゴーバスターズ』のイエローバスターこと宇佐見ヨーコのふたりの活躍が目立っていたように思いました。特撮オタという設定上,鎧はこの種の作品では説明役として使いやすいのでしょうね。『宇宙刑事ギャバン』のシェリーと『侍戦隊シンケンジャー』のシンケンイエロー花織ことはの二役を演じる森田涼花は役得ですね。また,上述の作品に留まらず,『劇場版仮面ライダーフォーゼ』で再設定された宇宙鉄人キョーダインとイナズマンも登場するお祭り映画となっています。個人的にはスカイダインの声がきちんと木下あゆ美というのが嬉しかった。物語は宇宙犯罪組織マドーが追うサイコロンを巡る戦いが描かれます。因みに宇宙犯罪組織マドーは『宇宙刑事シャリバン』の敵であります。いつもながらに物語としては適当そのもの。もうちょっと構成を再考した方がいいように思います。何よりも先代宇宙刑事ギャバンこと一条寺烈が長官を務める銀河連邦警察があまりにもダメ過ぎるのが悲しい。格好良さが微塵も感じられません。多くのヒーローが入り乱れての最終決戦は燃えるのですが,混雑しすぎていて各ヒーローの戦いを堪能できないのはいつものことであります。このあたりは構造的な欠陥であると言えます。とは言え,海賊戦隊ゴーカイジャーが機動刑事ジバンらメタルヒーローに変身するのは予想外に嬉しい演出ではありましたけれど。不満を織り込み済みでの鑑賞なのではありますが,やはり銀河連邦警察の扱いの悪さが気になります。次回作ではキカイダーの登場が示唆されているようですが,銀河連邦警察の復権も期待したいと思います。特撮系お祭り映画としては普通に楽しめる作品であります。
posted by 森山 樹 at 09:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 感想(映画館)

2013年09月22日

アイアンマン3

〈2013年映画感想18本目〉


アイアンマン3
Iron Man3
2013年 アメリカ 130分
監督:シェーン・ブラック
脚本:ドリュー・ピアース,シェーン・ブラック
配給:ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ
出演:ロバート・ダウニー・Jr,グウィネス・パルトロー,ドン・チードル,ガイ・ピアース,レベッカ・ホール,ステファニー・ショスタク,ジェームズ・バッジ・デール,ジョン・ファヴロー,ベン・キングズレー,タイ・シンプキンス,ウィリアム・サドラー

 マーベル・コミックを原作とする〈アイアンマン〉の劇場版第3作目。『アベンジャーズ』での戦いから1年後が舞台となっています。今作においてアイアンマンことトニー・スタークと対決する悪役はテロリスト組織テン・リングスを率いるマンダリンとその背後で蠢動する科学者アルドリッチ・キリアン。但し,前作でミッキー・ロークが演じたウィップラッシュ程の存在感がないのは残念。物語も不眠症やパニック障害を患うトニー・スタークがアイアンマンとしての自分と決別することが中心であり,暗く陰鬱な展開が続きます。また,トニーの恋人であるポッツも事件に巻き込まれてしまうというのも特徴的。終盤の最終決戦まで終始トニー側が劣勢に陥り続けるというのは辛いものがありました。但し,それまでの鬱屈を一掃するかのような最終決戦は素直に楽しい。自動操縦と遠隔操作が可能になった最新式のマーク42を始めとする全てのアーマーを全機召喚しての総攻撃は爽快感に溢れています。キリアンとの直接対決において決め手となったアーマーの意外な使用法も実に楽しかった。勿論,トニーの良き相棒たるローズの活躍も素晴らしい。いささかの御都合主義を感じざるを得ませんが,最終的には全てが丸く収まるというのは正しい娯楽映画であると言えましょう。アーマー依存症を克服したトニーがアーク・リアクターを除去し,アイアンマンとしての自分に別れを告げる終わり方も非常に良かったです。但し,『アベンジャーズ2』への登場が予定されているから再びアイアンマンになるんだろうけどね。なお,エンドロールの最後にハルクことブルース・バナーが客演しています。このあたりはマーベル映画ではおなじみの演出ですね。何はともあれ,素直に楽しい作品でありました。
posted by 森山 樹 at 09:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 感想(映画館)

2013年09月21日

シュガー・ラッシュ

〈2013年映画感想17本目〉

シュガー・ラッシュ
Wreck-It Ralph
2012年 アメリカ 101分
監督:リッチ・ムーア
脚本:フィル・ジョンストン
配給:ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ
声の出演(日本語吹き替え):山寺宏一,諸星すみれ,花輪英司,田村聖子,多田野曜平,友近,石塚運昇,高岡瓶々,最上嗣生

 テレビゲームの世界を舞台とした3DCGアニメーション映画。悪役ではなく英雄でありたいと願うラルフの冒険が描かれます。基本的にディズニーのアニメ映画には心惹かれないのですが,実在のテレビゲームのキャラクターたちが大挙登場するということであれば話は別。流石に物語の中心となる作品は架空のものとなっていますが,画面の端々に『ストリートファイターII』や『スーパーマリオブラザーズ』,『パックマン』,『ディグダグ』といった懐かしのゲームのキャラクターたちが登場するのが実に楽しいです。物語としては流石に王道そのもの。粗暴で短気なラルフが『シュガー・ラッシュ』の世界で出逢った少女ヴァネロペを救う為に奮闘する姿が素敵です。フェリックスとカルホーン軍曹の脇を固める人物も魅力的。レトロゲームと最新ゲームを比較した小ネタもゲーム好きとしてはたまらないものがありました。ヴァネロペをレースから阻害し,『シュガー・ラッシュ』の世界を支配するキャンディ大王も小憎らしく正しい悪役であると言えます。その正体ターボに関する伏線は分かり易かったですけれどね。そして,最後に異形の姿となったターボを倒す為の決め手がメントス+ダイエットコークによるメントスガイザーというのは笑いました。物語としては子供向けであることを否定しませんが,ネタ的には寧ろ自分たちの世代向けという印象が強いです。然して期待していなかった作品でありましたが,予想外に心から楽しむことが出来ました。スタッフロール直前のクレジット音は『マッピー』というのもツボだったなあ。なお,同時上映された短篇映画『紙ひこうき』も非常に良かったです。
posted by 森山 樹 at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 感想(映画館)

2013年09月17日

ジャックと天空の巨人

〈2013年映画感想16本目〉

ジャックと天空の巨人
Jack the Giant Slayer
2013年 アメリカ 114分
監督:ブライアン・シンガー
脚本:ダレン・レムケ,クリストファー・マッカリー,ダン・スタッドニー
配給:ワーナー・ブラザーズ
出演:ニコラス・ホルト,エレノア・トムリンソン,ユアン・マクレガー,スタンリー・トゥッチ,エディ・マーサン,ユエン・ブレムナー,イアン・マクシェーン,ラルフ・ブラウン,ビル・ナイ,ジョン・カーサー

 イギリス民話「ジャックと豆の木」及び「巨人退治のジャック」を基にしたファンタジィ・アクション映画。神話や伝承,民話,童話,児童文学を原作とした類の映画は大好物なだけに心行くまで堪能しました。膂力では到底敵わない巨人を相手にジャックを始めとする人間たちが知恵と勇気を駆使して戦う様は王道ながらも素敵。宿敵となる双頭の巨人ファロン将軍を打ち滅ぼす手段も容易に想像出来るもののそこに到る過程が丁寧に描かれているので然程不自然さは感じませんでした。天空から巨人たちが攻めて来た時の絶望感も実に素晴らしい。愚鈍ながらも圧倒的に強力な存在として巨人を描いているのが好みであります。ニコラス・ホルト演じるジャックやエレノア・トムリンソンの演じるイザベル姫も悪くないのですが,個人的にはユアン・マクレガーのエルモントの存在感が光りました。笑いを誘う中に大人として軍人としてジャックやイザベル姫を導く彼の格好良さがたまりません。これは吹替えを担当した森川智之による演技も大きい筈。上映の関係上,字幕版ではなく吹替え版の鑑賞を余儀なくされたのですが,それ程違和感なく楽しめたように思います。但し,巨人側の声を担当するのが吉本芸人というのにはいささか閉口しましたが。やはり,専門の声優を起用して欲しいものです。全体的に娯楽映画としては充分に満足でありました。物語もアクションも素直に楽しめる作品であると思います。
posted by 森山 樹 at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 感想(映画館)

2013年09月16日

オズ はじまりの戦い

〈2013年映画感想15本目〉

オズ はじまりの戦い
OZ the great and powerful
2013年 アメリカ 130分
監督:サム・ライミ
脚本:ミッチェル・カプナー,デヴィッド・リンゼイ=アベアー
配給:ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ
出演:ジェームズ・フランコ,ミシェル・ウィリアムズ,レイチェル・ワイズ,ミラ・キュニス,ザック・ブラフ,ジョーイ・キング,アビゲイル・スペンサー,ビル・コッブス,トニー・コックス

 『オズの魔法使い』の前日譚としてインチキ奇術師オスカーが偉大なる大魔術師オズへと成長する姿を描いた物語。原作ではなく,1939年制作の映画『オズの魔法使い』に繋がる物語として描かれているのが特徴的と言えます。オズの世界に辿りつく前の元の世界が白黒で描かれているのもその一端なのでありましょう。大魔術師オズだけでなく南の善き魔女グリンダやマンチキン族ら〈オズの魔法使い〉の世界には欠かせない人物が登場するのは素直に嬉しい。東の魔女エヴァノラと西の魔女セオドラの名前は本作独自のものかな。物語は王道といって差し支えないものでありますが,何よりもオズの不思議な世界の表現がそれだけで楽しい。オスカーとともに旅することになるフィンリーと陶器の少女の存在感も素晴らしいです。殊に陶器の少女の魅力は格別なもの。ミシェル・ウィリアムズが演じる南の善き魔女グリンダも美しいね。逆に西の魔女セオドラの描かれ方は不憫に思います。これ,もうちょっと救いがあっても良かったのではないかなあ。何はともあれ,個人的にはかなり楽しめました。幼い頃に読んだ児童文学を改めて映画という媒体で触れるというのも興味深いものであります。意外に『オズの魔法使い』について覚えている自分に感心しました。それだけ強い影響を受けているということなのかもしれません。
posted by 森山 樹 at 14:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 感想(映画館)

2013年09月10日

逃走車

〈2013年映画感想14本目〉
逃走車
VEHICLE 19
2013年 アメリカ 85分
監督:ムクンダ・デュウィル
脚本:ムクンダ・デュウィル
配給:アスミック・エース
出演:ポール・ウォーカー,ナイマ・マクリーン,ツシェポ・マセコ,ジス・デ・ヴィリアーズ

 〈ワイルド・スピード〉シリーズで主演を務めるポール・ウォーカーが制作総指揮を執ったカー・アクション映画。ポール・ウォーカー本人が主役のマイケルを演じます。随所に〈ワイルド・スピード〉らしさも感じますが,流石にあそこまで荒唐無稽で外連味に満ちたカー・アクションではありません。とは言え,勿論派手なカー・アクションを堪能できるのも事実。物語はミステリィ仕立てで進むのが個人的には大変に好み。舞台が犯罪都市ヨハネスブルクということで如何なる事態が起きても不思議ではないという気分にさせられます。別れた妻に逢う為に借りたレンタカーの中で不審な携帯電話や拳銃,果ては縛られた女性を発見するという導入部分が既に魅力的。重大事件の証人であるその女性レイチェルとともに謎の襲撃者から逃れる為に見ず知らずの街を疾走するマイケルの姿は素直に格好いいです。ポール・ウォーカーの精悍な顔立ちがたまらないのよね。事件の黒幕及びその真相は王道というか典型的に過ぎるきらいはありますが,娯楽映画としての見せ方は充分に満足でした。全篇が車載カメラからの撮影という独自性も良い方向に作用していました。その迫力は圧巻であり,一見の価値があります。何よりも主役のポール・ウォーカーの格好良さが素晴らしい。鑑賞後に何かが心に残る種の作品ではありませんが,娯楽映画として楽しむ分には優れた作品に思えます。
posted by 森山 樹 at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 感想(映画館)

2013年09月02日

2013年9月映画鑑賞予定

2013年9月の映画鑑賞予定は下記のとおり。

『風立ちぬ』(公開中)
相変わらず鑑賞出来ていません。
他に優先順位が高い作品が多いので結局見ない公算も大きいかな。
割と面白いという評判もあるのですけれど。

『ワールド・ウォーZ』(公開中)
なるべく早めに鑑賞したい作品のその一。
ゾンビ映画は嗜好上の理由から見逃したくないのですよね。
原作を読んだ人からの評価が低いのはちょっと気になるところ。

『ホワイトハウス・ダウン』(公開中)
ホワイトハウス襲撃を扱ったアクション映画。
なるべく早めに鑑賞したい作品のその二です。
『エンド・オブ・ホワイトハウス』との比較も面白そう。
評価は此方の方が低いように感じますが,どうなのかなあ。

『スター・トレック イントゥ・ダークネス』(公開中)
J.J.エイブラムス版〈スター・トレック〉第二弾。
なるべく早めに鑑賞したい作品のその三。
前作は結構面白かったので今回も期待しています。
存外に評判も悪くないので楽しみですねえ。

『ガッチャマン』(公開中)
いい評判を全く聞かない実写版『ガッチャマン』。
剥き出しの地雷には突撃する性向が刺激されてしまいます。
とは言え,他に見たい映画が多い現状では後回しかなあ。
原作との比較が出来かねるのが残念ではあります。

『マン・オブ・スティール』(公開中)
新訳〈スーパーマン〉とでも言えばいいのかな。
ザック・スナイダーとクリストファー・ノーランが関与しているので期待大。
聞こえてくる評判も上々の様です。
公開直後なので,とりあえずは後回しかなあ。
早めに鑑賞したい作品ではありますけれども。

『キャプテン・ハーロック』(09.07公開)
松本零士の同名の漫画をフルCGで映画化した作品。
ものすごく映画版『ファイナルファンタジー』を想起させて不安です。
ある意味でこれも剥き出しの地雷と言えそうな感じ。
原作は例によって分かりませんが,余力があれば観に行きます。

『ウルヴァリン:SAMURAI』(09.13公開)
〈X-MEN〉のウルヴァリンを主役に据えるシリーズの第二作目。
舞台が日本ということでいろいろな意味で期待しています。
他の作品との関連性もあり得るのかしら。
何はともあれ,最優先で鑑賞したい作品ではあります。

『エリジウム』(09.20公開)
『第九地区』のニール・ブロムカンプ監督の新作映画ということで期待大。
因みに主演はマット・デイモンが据えられています。
今回もSFアクション映画ということで素直に自分の好み。
これも絶対に鑑賞するべき映画でしょうね。
予告篇を見ている限りではあまり心に訴えるものがないのが不安ではありますが。

映画の日に『パシフィック・リム』(二回目)を鑑賞。
今回は3D吹替え版にしてみましたが,これが大当たり。
普段は字幕派ですが,こういう吹替えも偶には良いものであります。
それはともかく先月に引き続いて鑑賞したい映画は多いです。
というか,先月からの持ち越し分が多過ぎなのですよね。
『スター・トレック イントゥ・ダークネス』と『ワールド・ウォーZ』は絶対に鑑賞したい。
『ホワイトハウス・ダウン』もそれなりに好きな部類の作品であります。
『マン・オブ・スティール』も見逃せないよなあ。
9月からの公開では『ウルヴァリン:SAMURAI』が最優先。
『エリジウム』も逃してはならない作品であると言えましょう。
そうすると『ガッチャマン』と『キャプテン・ハーロック』は後回しにせざるを得ない感じ。
『風立ちぬ』も結局見ないままに終わってしまいそうな雰囲気です。
とりあえず鑑賞したい映画を最優先で観て行きたいと思います。
ネタ重視というのは控えて行かないとなあ。
posted by 森山 樹 at 06:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞予定

2013年09月01日

2013年8月映画鑑賞記録

2013年8月に鑑賞した映画は以下の7本。

・サイレントヒル リベレーション
・牙狼外伝 桃幻の笛
・劇場版銀魂完結篇
・劇場版獣電戦隊キョウリュウジャー
・劇場版仮面ライダーウィザード
・パシフィック・リム
・ローン・レンジャー

8月は7本の映画を鑑賞。
結構数を見た割には不満の残る一か月でありました。
見逃した作品が多過ぎるのですよね。
まだ公開期間は終わっていないので早めに鑑賞したいと思います。
評判の高い作品が多いだけに尚更見逃せません。
鑑賞した中では『パシフィック・リム』がやはり抜群の出来。
如何にも趣味的な作品ではありますが,その趣味が素晴らしい。
王道を行く物語はともかくとして演出が本当にたまりません。
KAIJUやイエーガーの造形も非常に好みです。
可能ならば今度は吹替え版を鑑賞したいものです。
『ローン・レンジャー』も個人的には結構楽しめました。
ただ,如何せん長過ぎて中弛みしてしまうのが残念。
120分くらいでまとめられたらいいのになあと思ってしまいました。
相変わらず,いかれたキャラクターをさせればジョニー・デップは当代一であります。
後の作品は如何にも微妙な感じが否めません。
まあ,それを織り込み済みでの鑑賞でもあるのですけれどね。
『サイレントヒル リベレーション』は前作を見ていないのが痛かった。
異形の造形や演出はかなり好みなんだけどね。
物語面での違和感が強すぎます。
『牙狼外伝 桃幻の笛』はまあ悪くなかったかなあという程度。
綺麗どころのお姉さんが主要な人物というのは嬉しいのですけれども。
〈牙狼〉が好きなら問題なく楽しめると思います。
絶賛はし難い部分が多いけどね。
『獣電戦隊キョウリュウジャー』と『仮面ライダーウィザード』はいつも通り。
TVシリーズの延長線上の作品と思えばいいのでしょう。
可もなく不可もない作品の典型的な見本であります。
それがいいことか悪いことかは別にしてね。
posted by 森山 樹 at 10:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞記録