2014年01月26日

楊家将

〈2014年映画感想2本目〉
楊家将
忠烈楊家将
2013年 中国/香港 102分
監督:ロニー・ユー
配給:ツイン
出演:ウーズン,ヴィック・チョウ,イーキン・チェン,アダム・チェン,ユー・ボー,リー・チェン,レイモンド・ラム,フー・シンボー

 中国史に名を残す『楊家将演義』を題材とした歴史戦闘アクション映画です。『楊家将演義』は非常に長い小説なので,この映画で扱われているのは実際的には序盤の部分。原作は邦訳されていないこともあり,あらすじ程度しか知らないのですが,その知識でもなおかなりの部分が改変されていることが分かります。これはこれで問題はないのですけれどね。舞台は北宋の初期。北方の異民族国家である遼の侵略が本格化した時期にあたります。その戦乱の世の中で北宋に忠誠を貫いた楊一族の戦いと悲劇が描かれます。楊業の7人の息子たちの勇猛果敢な戦いぶりは素晴らしい。長男である楊延平の戦死を皮切りに六男である楊延昭以外の6人はいずれも戦場で散ることになります。個人的には弓術に長けた楊延安がお気に入りかな。原作通りなので仕方がない部分はあるのですが,七男の楊延嗣にあまり活躍の場が与えられなかったのは残念です。一方でその楊一族を両親の仇と狙い続ける遼軍の指揮官・耶律原の執念に満ちた戦いもたまりません。この人物は本作独自の設定であるように思います。楊一族に恨みを抱く北宋の潘仁美は原作通りの悪役としての扱いであります。味方であるはずの潘仁美に妨害され,孤立無援で遼軍の耶律原の追撃を受ける楊一族の戦いが殆どこの作品の全てといって良いでしょう。残念だったのは原作では楊家の女たちを率いて戦う,楊業の妻の余賽花があまり目立たなかったこと。楊女将の活躍も描いて欲しかったなあと思います。歴史映画というよりも戦闘アクションが主体の作品でありましたが,これはこれで十分に楽しめました。是非とも原作である『楊家将演義』の邦訳も期待したいものであります。
posted by 森山 樹 at 13:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 感想(映画館)