2014年03月30日

スノーピアサー

〈2014年映画感想8本目〉
スノーピアサー
SNOWPIERCER
2013年 韓国/アメリカ/フランス 125分
監督:ボン・ジュノ
配給:ビターズ・エンド/角川映画
出演:クリス・エヴァンス,ソン・ガンホ,コ・アソン,ジェイミー・ベル,ジョン・ハート,ティルダ・スウィントン,オクタヴィア・スペンサー,エド・ハリス,ユエン・ブレムナー,ルーク・パスカリーノ,アリソン・ピル

 雪と氷に閉ざされた未来の地球を舞台に残された人類を乗せて走り続ける列車スノーピアサーを舞台としたSFアクション映画です。発想は面白いのだけれど,スノーピアサーの設定はやはり無理がありすぎて突っ込みどころ満載。但し,一面真っ白の大地を走り続ける列車という視覚的な刺激はたまらないものがあります。また,最下層の人間は列車の最後方に,そこから前に進むに従って支配階級が居住するというスノーピアサーの暗黒郷ぶりも素敵。勿論,人間ドラマが主体となるのですが,このスノーピアサーという世界観そのものが最大の見どころであるといっていいでしょう。尤も,スノーピアサーに関する設定は全く明らかにされないのが不満ではあります。というか,幾ら永久機関を搭載しているとは言え走り続ける必要性は感じないし,そもそも永久機関を生み出せる技術があるならば,このような事態には陥っていないような気がするのですよね。こういった指摘は野暮であることは承知していますけれども。物語はスノーピアサー内の理不尽な支配に対する下層民の反乱が描かれます。主人公はクリス・エヴァンスが演じる反乱の指導者カーティス。彼の戦いが中心となりますが,その真相はまあ想定通りと言えば想定通り。ソン・ガンホとコ・アソンが演じる父子が美味しいところを持っていったなあという印象が残ります。また,スノーピアサーの支配者であるウィルフォードの片腕メイソンを演じるティルダ・スウィントンの怪演が素晴らしい。あの笑顔の醜悪さが非常に素敵であります。スノーピアサーの子供たちを洗脳する役を担う小学校教師役のアリソン・ピルもいいですねえ。全体的にスノーピアサー支配者層の狂った感じが面白かったです。まあ,反乱軍側もあまり全うとは言えないのですけれども。カーティスが背負った罪も重たいよなあ。物語というよりも舞台装置を楽しむ種類の映画でありました。これはこれで満足かなあ。暗黒郷ものが好きな類の人間ならば楽しめる作品であるかと思います。
posted by 森山 樹 at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 感想(映画館)

2014年03月29日

マイティ・ソー/ダーク・ワールド

〈2014年映画感想7本目〉
マイティ・ソー/ダーク・ワールド
THOR: THE DARK WORLD
2013年 アメリカ 112分
監督:アラン・テイラー
配給:ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ
出演:クリス・ヘムズワース,ナタリー・ポートマン,トム・ヒドルストン,アンソニー・ホプキンス,ステラン・スカルスガルド,イドリス・エルバ,クリストファー・エクルストン,カット・デニングス,ジェイミー・アレクサンダー,レネ・ルッソ

 マーベルコミックを原作としたSFアクション映画『マイティ・ソー』の続篇であり,〈アベンジャーズ〉に連なる作品でもあります。なお,舞台は『アベンジャーズ』から1年後のロンドン。『アベンジャーズ』での出来事に様々な形で触れられるので観賞しておいた方が楽しめると思います。勿論,物語自体は本作だけでもきちんと完結はしているのですけれども。今回,ソーたちアスガルドの神々が戦うのはスヴァルトヘイムのダークエルフの支配者マレキス。『マイティ・ソー』及び『アベンジャーズ』で宿敵としてソーと戦い,現在はアスガルドの一室で幽閉されるロキとの共闘は燃えるものがあります。このあたりは原典である北欧神話の設定を上手く活かしているなあという感じ。ロキのトリックスターとしての存在感は過去作よりも遥かに勝っておりました。特に今作のロキの立ち位置は非常に美味しいです。敵と味方の境界線上で物語を眩惑する役を存分に果たしていたように思います。今作における最大の敵であるマレキスよりも余程に魅力的でありました。また,他方で目立っていたのがカット・デニングスが演じるダーシー。あまりにも可愛らしすぎます。本当に抱きしめたくなる感じでした。本来のヒロインであるジューンは活躍の場は多いんだけど,正統派過ぎて面白みがないのですよね。今後ともダーシーにはコメディリリーフとしての役割を担って欲しいと思います。物語としては如何にも〈マイティ・ソー〉といった出来でありました。但し,他の〈アベンジャーズ〉作品との関わりが希薄に感じたのは残念かなあ。エンドロールで登場したあの人物は『アベンジャーズ2』で大きな役割を果たすのでしょうけれども。何はともあれ,前作同様に楽しい作品でありました。更なる続篇に大いに期待したいと思います。
posted by 森山 樹 at 13:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 感想(映画館)

2014年03月17日

皇帝と公爵

〈2014年映画感想6本目〉
皇帝と公爵
LINHAS DE WELLINGTON
2012年 ポルトガル/フランス 151分
監督:バレリア・サルミエント
配給:サミット・エンターテインメント/ライオンズゲート,ギャガ
出演:ジョン・マルコヴィッチ,ヴァンサン・ペレーズ,マリサ・パレデス,メルヴィル・プポー,エルザ・ジルベルスタイン,カトリーヌ・ドヌーヴ

 ナポレオン戦争期のポルトガルを舞台とした歴史映画です。題名の皇帝とは勿論フランスのナポレオンI世を,公爵とはイギリスのウェリントン将軍を意味します。といっても,ナポレオンI世は肖像画として出演するのみで,ジョン・マルコヴィッチが演じるウェリントン将軍もそれ程重要な役割とは言えません。寧ろ,物語の中心となるのはイギリスとポルトガルの連合軍とフランス軍とが激突したブサコの戦いに運命を翻弄された名もなき人々であると言えましょう。英雄たちの姿ではなく,各陣営に身を置く一般人たちを描いた群像劇であるといっても差し支えないかと思います。歴史的な背景は最小限の説明に留められているので,ある程度このあたりの歴史事情に詳しくないと状況を把握するのはやや厳しいかもしれません。また,群像劇ということで視点が頻繁に変わるので物語の全体像を把握し辛いのもやや難点。但し,戦火の中での運命の交錯を自然な形で描いているのは実に面白かった。娯楽性には欠ける骨太な歴史映画ですので観賞する人を選ぶように思いますが,少なくとも世界史趣味的な観点からは非常に興味深い映画でありました。とは言っても,爽快感に欠けるのも事実。将帥に兵士,神父,未亡人,娼婦,追剥,令嬢とブサコの戦いに巻き込まれた人々の運命の変転を複雑な想いで観賞しました。個人的には英国令嬢のクラリッサが実に魅力的に思えました。マッセナ元帥役のメルヴィル・プポーも格好良かったけれど,やはりウェリントン将軍のジョン・マルコヴィッチの存在感は圧倒的ですね。それ程有能な人物に描かれていないのも面白かったです。似たような顔立ちの人物が多くて,混乱することが多かったのはやや残念でありました。とは言え,世界史趣味者としては存分に楽しむことが出来たのは間違いありません。
posted by 森山 樹 at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 感想(映画館)

2014年03月09日

大脱出

〈2014年映画感想5本目〉
大脱出
ESCAPE PLAN
2013年 アメリカ 115分
監督:ミカエル・ハフストローム
配給:サミット・エンターテインメント/ライオンズゲート,ギャガ
出演:シルヴェスター・スタローン,アーノルド・シュワルツェネッガー,ジェームズ・カヴィーゼル,エイミー・ライアン,ヴィニー・ジョーンズ,サム・ニール,カーティス・”50セント”・ジャクソン

 シルヴェスター・スタローンとアーノルド・シュワルツェネッガーの二大肉体派俳優が主演するアクション・スリラー映画です。その題名通りに絶対に脱獄不可能とされる巨大な監獄からの脱出作戦が物語の中心になります。シルヴェスター・スタローンの演じるレイ・ブレスリンが脱獄の専門家という設定上,当初は至極策略をもって臨まれていた脱出計画が結局は力押しになっていくのは主演のふたりを考えれば仕方がないことでありましょう。観賞する方としてもそこを期待しているわけですしね。アーノルド・シュワルツェネッガーが演じるロットマイヤーとシルヴェスター・スタローンが演じるレイ・ブレスリンが敵か味方か判然としないという関係も面白かったです。絶対に脱出出来ないとされる巨大監獄の秘密は容易に想像出来るのですが,それを予告篇や公式サイトで惜しげもなくネタばれしているのはやや興醒め。ネタばれされたからと言って面白さが殺がれる意味合いのものでもないのですが,その真実が明らかにされた時の驚きは失われてしまいますよね。割と荒唐無稽な設定ではありますが,娯楽映画としてはこの外連味は諸手を挙げて歓迎したいところです。また,この巨大監獄の監獄長ホッブスを演じるジェームズ・カヴィーゼルがなかなか魅力的。嗜虐的な憎たらしさがたまりません。その末路も全く同情出来ない感じが素晴らしい。如何にもスタローンとシュワルツェネッガーが主演をするに相応しい勧善懲悪性を見せつけてくれます。個人的には特に後半の脱獄計画に偶然の要素が多すぎて,あまりにも御都合主義を感じてしまうのがやや難点ではありましたが,総じて爽快感を大いに得られる楽しい映画であったように思います。このふたりの主演という期待に存分に応えてくれる作品でありました。素直に楽しかったです。
posted by 森山 樹 at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 感想(映画館)

2014年03月05日

2014年3月映画観賞予定

2014年3月の映画鑑賞予定は下記のとおり。
『劇場版モーレツ宇宙海賊』(TOHOシネマ名古屋ベイシティ 公開中)
『ホビット 竜に奪われた王国』(公開中)
『マチェーテ・キルズ』(TOHOシネマ名古屋ベイシティ 公開中)
『魔女の宅急便』(公開中)
『リディック:ギャラクシーバトル』(03.08公開)
『絶狼〈ZERO〉 白ノ章』(伏見ミリオン座 03.08公開)
『アナと雪の女王』(03.14公開)
『ロボコップ』(03.14公開)
『ドン・ジョン』(03.15公開)
『ローン・サバイバー』(03.21公開)
『絶狼〈ZERO〉 黒ノ章』(伏見ミリオン座 03.22公開)
『平成ライダー対昭和ライダー 仮面ライダー大戦』(03.29公開)
『ダリオ・アルジェントのドラキュラ』(ピカデリー 4月公開)

観賞したい映画が多すぎて,かなり厳しい感じ。
一番楽しみな『マチェーテ・キルズ』が事実上観賞が厳しいのが辛い。
TOHOシネマ系のみ上映の映画は不便な地域なのであります。
最悪の場合は3月末に公開されるユナイテッド豊橋まで行くかなあ。
とりあえず『ホビット 竜に奪われた王国』は観賞済み。
スマウグとの戦いは非常に迫力があって大変楽しめました。
物語は原作からかなり改変されていましたけれどね。
エルフが異常に優遇されていたのは気になるところかなあ。
確実に観賞するのは『リディック:ギャラクシーバトル』と『ロボコップ』かな。
『絶狼〈ZERO〉白ノ章』『絶狼〈ZERO〉黒ノ章』も可能な限り見たいもの。
スカーレット・ヨハンソン出演の『ドン・ジョン』も楽しみですね。
あまりディズニーアニメは好みではないけれど『アナと雪の女王』には期待。
予告篇の映像には胸震えるものがありました。
『魔女の宅急便』は余力があれば,といったところかなあ。
最低でも7〜8本は見たいところであります。
効率の良い観賞計画を立てないと結構厳しい気もするけれども。
posted by 森山 樹 at 20:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞予定

2014年03月03日

2014年2月映画観賞記録

2014年2月に鑑賞した映画は以下のとおり。
・マイティ・ソー/ダーク・ワールド
・スノーピアサー
・アメリカンハッスル
・エンダーのゲーム
・エージェント・ライアン
・ザ・イースト
・キックアス/ジャスティス・フォーエバー

2014年2月は7本。
結構順調に観賞出来た印象があります。
やはり公開直後に観賞するのが日程的に楽ですね。
今後は十分に心がけるようにしましょう。
『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』はまあこんなものかなあ。
それなりに面白くはあったのですけれどね。
ロキの立ち位置がかなり美味しかったように思います。
『スノーピアサー』は設定だけの一発ネタという印象が否めず。
世界観の不自然さが最後まで尾を引いてしまいました。
『エンダーのゲーム』は原作をかなり端折っていたように思います。
もう少し尺を取っても良かったのではないかしら。
おかげでエンダーの兄姉の活躍は殆どなかったですからね。
ハリソン・フォードの人でなしぶりが最高でありました。
『キックアス/ジャスティス・フォーエバー』は期待以上に面白かった。
大作化路線はいたしかたないところでありましょう。
マザーファッカーのぼんくらぶりが大変楽しかった。
そしてクロエ・グレース・モレッツの可愛らしさは健在であります。
『アメリカンハッスル』はコン・ゲームとしては面白かった。
但し,結末が微妙に釈然としないのが難点かなあ。
史実とどれくらい違うのかは興味があるところです。
『ザ・イースト』は期待した路線とはちょっと違った印象。
悪くはないんだけど,此方も結末が釈然としません。
無理に恋愛要素を入れるのもあまり好ましくないかな。

感想は引き続き停滞中。
時間的な余裕を確保しないといけません。
何とか2014年の映画の感想を優先したいところであります。
2013年の映画感想の完遂は難しいかもしれません。
一応,まだ諦めるつもりはないですけれどね。
posted by 森山 樹 at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞記録