2014年04月16日

エンダーのゲーム

〈2014年映画感想10本目〉
エンダーのゲーム
ENDER’S GAME
2013年 アメリカ 114分
監督:ギャビン・フッド
配給:サミット・エンターテインメント/ライオンズ・ゲート/ウォルト・ディズニー・スタジオ
出演:エイサ・バターフィールド,ハリソン・フォード,ヘイリー・スタンフェルド,アビゲイル・ブレスリン,ベン・キングズレー,ヴィオラ・デイヴィス,アラミス・ナイト,スラージ・パーサ,モイセス・アリアス

 オースン・スコット・カードによる同名の原作小説を原作としたSF映画です。原作は名作と名高い作品であり,今回は待望の初映像化作品であると言えます。外宇宙から侵略してきた異星生命体バガーと戦う為に英才教育を施されたエンダーたち少年少女の戦いが描かれます。原作のそれなりの長さに対して,映画版では上映時間が2時間弱と比較的短い為,何処か粗筋を追っているような印象を抱いてしまうのは残念。2部作とは言いませんが,せめて後30分くらい延長して,もう少しじっくりと物語を描いて欲しかったように思います。その煽りを喰らってか,エンダーの兄姉の動きが殆ど扱われなかったのが気になりました。姉ヴァレンタインはそれでも重要な役割を与えられていましたが,兄ピーターはその粗暴さ故にバトル・スクールを放校されたというだけの説明にほぼ終わっています。エンダーが宇宙で活躍する裏で地球で勢力を広げるピーターの活躍は完全に失われておりました。但し,それでも一応は物語としては成立しているので,あまり目くじらを立てる部分ではないかもしれません。印象的なのはエンダーらを指導するハイラム・グラッフ大佐役のハリソン・フォード。その人でなしぶりが素敵。尤も,彼の立場からすれば如何なる手段をとっても地球人類を救う為に異星生命体バガーを滅ぼさなければならないという使命感を抱くというのは理解できます。但し,理解できるということと彼の作戦に納得できるかというのは別問題。彼の作戦に乗せられて多大な損害を受けながらも異星生命体バガーを滅ぼしたエンダーがただひとり,贖罪の旅に出る結末はなかなか印象的でありました。『エンダーのゲーム』の完全映画化といわれるとちょっと反論したくなりますが,単体の映画と割り切るとそれなりに楽しく鑑賞できた作品ではあります。ペトラ役のヘイリー・スタンフェルドやヴァレンタイン役のアビゲイル・ブレスリンも可愛かったですしね。この種のSF映画好きならば楽しめる作品だと思います。
posted by 森山 樹 at 06:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 感想(映画館)

2014年04月13日

アメリカン・ハッスル

〈2014年映画感想9本目〉
アメリカン・ハッスル
AMERICAN HUSTLE
2013年 アメリカ 138分
監督:デビッド.O.ラッセル
配給:コロンビア映画/ファントム・フィルム
出演:クリスチャン・ベール,ブラッドレイ・クーパー,エイミー・アダムス,ジェレミー・レナー,ジェニファー・ローレンス,ロバート・デ・ニーロ,マイケル・ペーニャ,ジャック・ヒューストン,エリザベス・ローム

 1970年代末にアメリカで実際に起こったアブスキャム事件を題材としたドラマ映画です。FBIが収賄事件の摘発の為に画策した囮捜査が描かれます。主人公はクリスチャン・ベールが演じる天才詐欺師アーヴィンとその愛人でエイミー・アダムスが演じるシドニー。このふたりにブラッドレイ・クーパーが役を務めるFBI捜査官のリッチーが囮捜査を持ちかけるところから物語は始まります。標的はアトランティック・シティ市長のカーマイン。このカーマインを演じるのがジェレミー・レナー。順調に見えた囮捜査でしたがアーヴィンの妻でジェニファー・ローレンスが演じるロザリンが嫉妬に駆られて不穏な動きを見せるあたりから事態が混沌としてきます。何と言っても複雑な人間関係が楽しい。徐々に窮地に立たされていくアーヴィンとシドニーが最後の最後で見せる一発逆転の大勝負に爽快感があります。とにかく鼻もちならないFBI捜査官リッチーが悪行の報いを受けるというのは素晴らしい。但し,それ程悪人ではないカーマイン市長までもがその煽りをくらうというのは釈然としない部分があります。尤も,アーヴィンの奮闘でカーマイン市長の与り知らぬところで救われてはいるのですけれども。確かな友情を築いた筈のアーヴィンとカーマインが決別することになってしまったことはやはり悲しいものが残ります。そして何といっても魅力的なのがロザリン役のジェニファー・ローレンス。終始,物語の本筋とは無関係な立ち位置ながら,状況を掻き回す大きな働きを担っています。如何にもアメリカの頭の悪い金髪美人といった趣がたまりません。彼女がいなければ事態はもっと簡潔になっていたのでしょうけれど,彼女がいたからこそ或る意味で丸く収まったとも言えます。その道化的な位置づけが素敵であります。また,マフィアの首領を演じるロバート・デ・ニーロも出番は少ないながらも圧倒的な存在感を見せてくれます。やっぱり格好いいなあ。2時間強とやや長めの作品ではありましたが,飽きることなく楽しめました。1970年代末の風俗事情も描かれているのが楽しい。この種のコン・ゲーム映画は大好きであります。
posted by 森山 樹 at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 告知

2014年04月05日

2014年4月映画観賞予定

2014年4月の映画鑑賞予定は下記のとおり。
『THE NEXT GENERATION パトレイバー/第1章』(ミッドランドシネマ 04.05公開)
『パラノーマル・アクティビティ/呪いの印』(109シネマ 04.11公開)
『ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!』(センチュリーシネマ 04.12公開)
『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』(04.19公開)
『シャドウハンター』(TOHOシネマ 04.19公開)
『アメイジング・スパイダーマン2』(04.25公開)
『テルマエ・ロマエII』(04.26公開)
『ダリオ・アルジェントのドラキュラ』(ピカデリー 04.26公開)

『THE NEXT GENERATION パトレイバー/第1章』は鑑賞済み。
思った以上に〈機動警察パトレイバー〉で楽しめました。
OVA版やTVアニメ版好きなら割とありなのではないかと思います。
逆に劇場版のみに触れている人には結構厳しいかなあとも感じたり。
いずれにせよ,続きも見ることになりそうです。
後は『ワールズ・エンド』は絶対に鑑賞する予定。
サイモン・ペッグは大好きな役者のひとりでありますからね。
『ホット・ファズ』級に楽しめる作品であることを期待します。
『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』と『アメイジング・スパイダーマン2』も楽しみ。
結局のところ,こういったアメコミヒーロー映画は大好物なのです。
『シャドウハンター』も鑑賞する可能性は非常に高め。
原作は読もうと思って結局はまだ未読なのですけれども。
『テルマエ・ロマエII』は過剰な演出にやや不安を覚えますが見ることでしょう。
『ダリオ・アルジェントのドラキュラ』はゴシック・ホラー好きとしてはなるべく見たい作品。
『パラノーマル・アクティビティ/呪いの印』は余力があればといったところでしょうか。
それなりに楽しみな作品が多い一か月となりそうです。
消費税の関係で鑑賞料金が変わった映画館も多いので再確認もしないといけません。
posted by 森山 樹 at 19:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞予定

2014年04月02日

2014年3月映画観賞記録

2014年3月に鑑賞した映画は以下のとおり。
・ホビット 竜に奪われた王国
・リディック:ギャラクシーバトル
・アナと雪の女王
・絶狼〈ZERO〉BLACK BLOOD白ノ章
・マチェーテ・キルズ
・絶狼〈ZERO〉BLACK BLOOD黒ノ章
・ロボコップ
・平成ライダー対昭和ライダー 仮面ライダー大戦

2014年3月は8本。
鑑賞したい映画は一通り鑑賞出来た印象があります。
今後もこれくらい順調に鑑賞出来ると嬉しい。
『ホビット 竜に奪われた王国』の楽しさは素晴らしい。
ドラゴンの圧倒的な迫力がたまりません。
エルフはちょっと優遇されすぎな気がしますけれどね。
原作に登場しないキャラクターの登場は賛否両論ありそう。
個人的にはそれほど気にはなりませんでしたけれど。
久しぶりに観たディズニーアニメ映画『アナと雪の女王』も良かった。
まさに魔法の国に誘われた様な錯覚を感じてしまいます。
エルザの美貌がたまりません。
氷の城でエルザが歌う主題歌の美しさも非常に素晴らしい。
もう一回鑑賞してもいいかなあとさえ思っています。
『マチェーテ・キルズ』は『マチェーテ』の続篇。
相変わらず,ダニー・トレホが悪人を殺しまくるだけの映画です。
まあ,それでいいのだけれども。
前作のヒロイン役のジェシカ・アルバをあっさり死亡させたのは驚きましたが。
『ロボコップ』はオリジナル作には及ばないまでも結構楽しめました。
『平成ライダー対昭和ライダー 仮面ライダー大戦』は予想外に面白かった。
今回は脚本にもそれなりに力が入っているように思います。
何よりも『仮面ライダー555』に重点が置かれていたのが嬉しい。
平成ライダーと昭和ライダーの戦いの真相にはがっかりでしたけれども。
『絶狼〈ZERO 〉BLACK BLOOD』は如何にも〈牙狼〉らしい作品。
現代都市が舞台という方がこのシリーズには似つかわしいです。
今後も是非続きを作成して欲しいと思います。

感想を書くのは相変わらず低調なまま。
年度末年度初の業務に忙殺されています。
今月は旅行の予定が少ないので,更新にも力を入れるつもり。
何とか昨年の鑑賞分の感想も書いていきたいのですけれどねえ。
暇を見つけて頑張りたいと思います。
posted by 森山 樹 at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞記録