2014年07月17日

絶狼〈ZERO〉-BLACK BLOOD-黒ノ章

〈2014年映画感想19本目〉
絶狼〈ZERO〉-BLACK BLOOD-黒ノ章
2014年 日本 72分
監督:金田龍
配給:東北新社
出演:藤田玲,武子直輝,梨里杏,セイン・カミュ,野本かりあ,ガダルカナル・タカ,尚玄,粟島瑞丸,世良優樹,大貫真代,高野八誠

 『絶狼〈ZERO〉-BLOCK BLOOD-』の後半部分。「人間とホラーの共存」を掲げるホラー・リングと絶狼たちとの戦いの帰結が描かれます。セイン・カミュが演じるホラー・リングの超然とした態度が実に魅力的。とは言え,その本性は流石におぞましいものでありましたけれども。但し,それよりも己の安全の為に利己的な態度を取る人間の醜さの方に嫌悪感を覚えたのも事実。そして,それが故にそれでも人間を守る為にホラーと戦い続けることを宣言した絶狼の格好良さが素晴らしかったです。また,父の命を奪ったホラーと戦う為,本来は女性の身には扱えないソウルメタルの剣を振るう為にユナに施された壮絶な手法も意外性があってよかった。ホラー・リングに従う母イユとの関係を含めて,物語の鍵を握る存在として最後まで戦い抜く姿が美しかったです。飄々としながらも秘めたる熱い心の持ち主であるカインともども再びの登場を期待したいもの。今作はTVシリーズ6話分に相当する物語だけにかなり密度の濃さが素敵でありました。やはり,この〈牙狼〉シリーズは都会を舞台にした物語の方が好みであります。結局,今に至るまでTVシリーズは一度も鑑賞していないのですが,劇場版はそれなりに欠かさず見ているというのが面白い。今後も劇場公開は追いかけて行こうと思います。絶狼こと涼邑零を演じる藤田玲は『仮面ライダー555』での印象が強いのですけれど,すごく格好の良い俳優になりましたね。その胡乱な雰囲気を含めて,かなり好みであります。ユナ役の梨里杏は『烈車戦隊トッキュウジャー』での活躍にも期待したいものです。
posted by 森山 樹 at 06:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 感想(映画館)

2014年07月04日

2014年7月映画観賞予定

2014年7月の映画鑑賞予定は下記のとおり。
『ニード・フォー・スピード』(公開中)
『ノア 約束の船』(公開中)
『超高速! 参勤交代』(公開中)
『ラスト・ミッション』(TOHOシネマ 公開中)
『her/世界でひとつの彼女』(伏見ミリオン座 公開中)
『トランセンデンス』(公開中)
『オール・ユー・ニード・イズ・キル』(07.04公開)
『マレフィセント』(07.05公開)
『ダイバージェント』(07.11公開)
『THE NEXT GENERATION パトレイバー/第3章』(07.12公開)
『複製された男』(センチュリーシネマ07.18公開)
『思い出のマーニー』(07.19公開)
『劇場版仮面ライダー鎧武』『劇場版烈車戦隊トッキュウジャー』(07.19公開)
『GODZILLA』(07.25公開)

『ニード・フォー・スピード』と『オール・ユー・ニード・イズ・キル』は鑑賞済。
先月からの積み残しを含めて相変わらず鑑賞したい映画が多くて嬉しい悲鳴。
『ノア 約束の船』と『超高速! 参勤交代』は最優先で鑑賞します。
特に評判のいい『超高速! 参勤交代』はかなり期待しています。
7月公開の映画では『マレフィセント』が一番の楽しみ。
「眠れる森の美女」を新たな解釈で描いた作品とのこと。
児童文学やおとぎ話好きとしては見逃すことが出来ません。
『GODZILLA』は〈ゴジラ〉のハリウッド版。
実は〈ゴジラ〉シリーズはまともに鑑賞したことがなかったりします。
予告篇を見る限りではかなり期待できそうな感じで楽しみ。
『ダイバージェント』と『複製された男』はやや優先順位が低めかなあ。
『思い出のマーニー』も余力があればということになりそう。
それなりに好みの映画という感じはするのですけれどね。
『THE NEXT GENERATION パトレイバー/第3章』は必ず観賞します。
やっぱり〈機動警察パトレイバー〉の世界観がたまらなく好きなのです。
『劇場版仮面ライダー鎧武』と『劇場版烈車戦隊トッキュウジャー』も楽しみ。
久しぶりに特撮番組にはまっている気がしています。
今月も相当数の映画を観賞するつもり。
可能な限り見逃さないように計画性を持ちたいものであります。
感想も少しずつ書いていかないとですねえ。
posted by 森山 樹 at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞予定

2014年07月03日

2014年6月映画観賞記録

2014年6月に鑑賞した映画は以下のとおり。
・THE NEXT GENERATION パトレイバー/第二章
・グランド・ブダペスト・ホテル
・PERSONA3 The Movie #2
・ハミングバード
・ポンペイ
・300/帝国の進撃
・オール・ユー・ニード・イズ・キル
・聖闘士星矢Legend of Sanctuary

2014年6月に鑑賞した映画は8本。
先月に引き続き相当数を鑑賞することが出来ました。
それでもなお鑑賞したい映画を全て鑑賞出来たわけではないのが残念。
翌月に持ち越しとなった作品は早めに触れたいと思います。
お気に入りは『グランド・ブダペスト・ホテル』かなあ。
中欧を舞台とした瀟洒で小気味の良い作品でありました。
結構えぐい描写も多かったのですけれどね。
演出の楽しさが光る作品であったように思います。
『300/帝国の進撃』は前作程でないにせよ楽しい作品だったかなあ。
クセルクセス大王の出番があまりなかったのは残念だったけれど。
アルテミシアの悪の女幹部ぶりが素敵でありました。
ギリシア側のテミストクレスはレオニダス程の魅力は感じなかったけれどね。
あまり期待していなかった『ハミングバード』も結構好み。
『ポンペイ』と『オール・ユー・ニード・イズ・キル』はややいまいち感はな否めず。
『THE NEXT GENERATION パトレイバー』はやっぱり楽しい。
よく此処まであの雰囲気を実写で再現したなあと思います。
過剰なまでの演出が個人的には大変楽しい。
好きな人はとことん好きになる種の作品でありましょう。
今後の展開にも大いに期待をしたいもの。
『聖闘士星矢Legend of Sanctuary』は原作好きからはかなり微妙。
というか,黄金十二宮篇を90分に収めるのが無理があるのよね。
お陰で割を食った聖闘士が相当数いました。
デスマスクの扱いの良さというか悪さは楽しかったです。
また,黄金に輝く黄金聖衣の美しさも特筆もの。
これはこれでそれなりに見る価値はあるのではないでしょうか。
posted by 森山 樹 at 06:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞記録