2014年09月15日

ルパン三世

〈2014年映画感想20本目〉
ルパン三世
2014年 日本 133分
監督:北村龍平
配給:東宝
出演:小栗旬,玉山鉄二,綾野剛,黒木メイサ,浅野忠信,ジェリー・イェン,キム・ジュン,タナーヨング・ウォンタクーン,中山由香,吉野和行,山口祥行,

 モンキー・パンチ原作による同名の漫画作品の実写映画化,というよりも,テレビアニメ作品の実写映画と言ったほうが適切なのかな。とにかく『ルパン三世』の実写化作品です。当初の期待よりも予想以上に映画として成立していて期待外れ。もう少し剥き出しの地雷作品だと思っていたのですけれど,俳優陣が頑張ってルパン一味を演じており,一見きちんとした『ルパン三世』に仕上がっておりました。但し,別の巨悪を逮捕するが為にルパンに過去の犯罪歴抹消を餌に取引を持ちかける銭形のとっつぁんやその巨悪の本拠地である完全無欠の要塞を力任せに武力で落とそうとするルパン一味など,あまりにも『ルパン三世』らしからぬ行動を取る登場人物たちに違和感を拭うことが出来ません。また,格好いいアクションや格好いい台詞が格好悪く感じてしまうのも残念。そもそも戦闘アクション場面が一番の見どころということ自体が『ルパン三世』ではありえないと思うのですよね。それでも,小栗旬を始めとする俳優陣のルパン一味再現度は結構素晴らしかった。特に浅野忠信が演じる銭形は好みであります。だからこそ逆に原作の設定とは異なる行動理論を見せることに対する違和感が拒否反応を起こしてしまうのであります。とは言え,巷の評判ほど悪い映画ではないように思えるのも事実。脚本と演出をもうちょっと何とかすれば,意外に良い作品になるではないかなと思います。後は目に負担の大きいアクション場面を何とかして欲しいなあ。やりたいことは分かるんだけど,もう少しやりようはあるはずです。

posted by 森山 樹 at 09:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 感想(映画館)

2014年09月14日

LUCY/ルーシー

〈2014年映画感想19本目〉
LUCY/ルーシー
LUCY
2014年 フランス 89分
監督:リュック・ベッソン
配給:東宝東和
出演:スカーレット・ヨハンソン,モーガン・フリーマン,チェ・ミンシク,アムール・ワケド,アナリー・ティプトン,ジュリアン・リンド=タット,ヨハン・フィリップ・アスベック,ピルー・アスベック

 リュック・ベッソン監督による超能力アクション映画。とある薬物によって脳の機能を100%引き出された女性ルーシーの戦いが描かれます。設定自体は割と手垢が付いたものに思えますが,最終的な結末もほぼ予想通り。脳の機能が解放されるに連れて,人間性を喪失していくというのが皮肉に思えます。とは言え,ルーシーの行動原理がいまいち把握出来なかったのは残念。結果的には自分の運命を暗転させた台湾マフィアへの復讐ということになったのですが,人間性を喪失する過程の中でもその想いが失われることがなかったのが不思議に感じます。降りかかる火の粉を払い除けるのではなく,積極的に台湾マフィア殲滅への行動を取っていましたからね。或いはこれがルーシーに残された最後の人間性ということであったのだとすれば,あまりにも悲しいものがあります。ルーシーの能力の解放を可視化するという視覚表現は結構好み。また,当初は別個に動いていたルーシーとノーマン教授の物語がひとつに収束する過程は面白かったです。ルーシー役のスカーレット・ヨハンソンは相変わらずの美貌が素敵。但し,今作では痛々しい場面が多かったのがちょっと悲しい。ノーマン教授役はモーガン・フリーマン。この人が登場すると妙に物語が格調高くなってしまうのが素敵です。正直,設定にも物語にも無理があるのは事実。鑑賞していて突っ込みどころも多々ありました。楽しめなかったわけではないのですが,かなり惜しいなあという作品であります。スカーレット・ヨハンソンを堪能しただけでも満足ではあるのですけれどね。

posted by 森山 樹 at 10:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 感想(映画館)

2014年09月04日

2014年9月映画観賞予定

2014年9月の映画鑑賞予定は下記のとおり。
『思い出のマーニー』(公開中)
『イントゥ・ザ・ストーム』(公開中)
『LUCY/ルーシー』(公開中)
『ルパン三世』(公開中)
『ケープタウン』(109名古屋 公開中)
『フライト・ゲーム』(09.06公開)
『ザ・ヘラクレス』(09.06公開)
『アイ,フランケンシュタイン』(09.06公開)
『フル・スロットル』(ミッドランドスクエアシネマ 09.06公開)
『るろうに剣心 伝説の最期篇』(09.13公開)
『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』(09.13公開)
『リスボンに誘われて』(伏見ミリオン座 09.13公開)
『ゲッタウェイ スーパースネーク』(09.20公開)
『NY心霊捜査官』(09.20公開)
『わたしは生きていける』(ピカデリー 09.20公開)
『劇場版零』(09.26公開)
『ファーナス 訣別の朝』(ミッドランドスクエアシネマ 09.27公開)
『バツイチは恋の始まり』(伏見ミリオン座 09.27公開)
『記憶探偵と鍵のかかった少女』(センチュリーシネマ 09.27公開)

何気に鑑賞したい映画が多い一か月。
先月からの積み残しも多いので効率よく鑑賞しないといけません。
先ずは『思い出のマーニー』と『LUCY/ルーシー』が最優先。
剥き出しの地雷こと『ルパン三世』もダメ実写化映画好きには見逃せない。
『イントゥ・ザ・ストーム』も興味は結構あるんですよね。
今月公開組では『ザ・ヘラクレス』と『アイ,フランケンシュタイン』は優先度が高め。
『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』もかなり期待できそうです。
勿論,『るろうに剣心 伝説の最期篇』も楽しみにしています。
十本刀の扱いには不安しかありませんけれども。
『記憶探偵と鍵のかかった少女』も面白そう。
公開時期から来月送りになる公算も大ですけれども。
余力があれば『リスボンに誘われて』と『バツイチは恋の始まり』も見たいかなあ。
どちらも普段は積極的に見る種の映画ではありません。
但し,あらすじを読んでいると心惹かれるものを感じてしまいます。
この手の直感は意外によく当たるので信用したいところです。
事故死したポール・ウォーカーの遺作『フル・スロットル』も見たいなあ。
先月があまりにも少なすぎた分を今月は挽回したいと思います。
映画の感想も可能な限り即時更新していきたいもの。
今月から鑑賞したものを優先的に感想を書くつもりです。


posted by 森山 樹 at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞予定

2014年09月02日

2014年8月映画観賞記録

2014年8月に鑑賞した映画は以下のとおり。
・るろうに剣心 京都大火篇
・THE NEXT GENERATION パトレイバー/第四章

2014年8月に鑑賞した映画は2本。
夏バテというわけでもないのですが,いまいち低調な一か月でした。
それ程見たい映画が少なかったわけでもないのですけれどね。
夏休みで人出が多いのが嫌だったというのは理由のひとつ。
これから巻き返して行きたいと思います。
『るろうに剣心 京都大火篇』は期待通りに面白かった。
物語はかなり改変されている印象が強いけれど,これはこれでよし。
蒼紫の扱いだけはかなり不満がありますけれども。
刀狩りの張の再現度は素晴らしかったです。
今月に公開される後篇も期待をしたいもの。
十本刀の出番は相当削られてしまいそうな予感はありますが。
『THE NEXT GENERATIONパトレイバー/第四章』は相変わらず。
エピソード7「タイムドカン」が楽しかったな。
カーシャの出番が多かったのが嬉しかったです。
次の公開は10月なので楽しみに待ちたいものであります。
posted by 森山 樹 at 05:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞記録