2014年12月26日

移転のお知らせ

このたび思うところありまして,ブログを移転することにしました。
移転先→新装版B級映画好きの憂鬱:http://talkie2.sblo.jp/
それに伴い当ブログの更新を終了いたします。
これまでありがとうございました。
新たなブログでお楽しみいただきたいと思います。
宜しくお願いします。

なお,基本的には単なる移転であります。
よって,内容的には然程異なるものではありません。
より一層の内容の充実に努めていきたいと思います。
posted by 森山 樹 at 06:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 告知

2014年12月24日

2014年12月映画鑑賞記録

2014年12月に鑑賞した映画は以下のとおり。
・美女と野獣
・THE NEXT GENERATIONパトレイバー/第6章
・仮面ライダー×仮面ライダー ドライブ&鎧武MOVIE大戦
・ホビット 決戦のゆくえ

12月も4本の映画を鑑賞しました。
もう少し観たかったところですが,仕方がありません。
最低限の映画は鑑賞できたということにしておきます。
『インターステラー』を見逃したのは残念ですけれどね。
『ホビット 決戦のゆくえ』はほぼ期待通りの出来でした。
全篇が戦闘なので見どころが十分。
特にスマウグとバルドの対峙が実に格好良かった。
五軍の戦いも劇的な戦いが楽しかったです。
タウリエルとレゴラスのエルフ勢が優遇され過ぎではありましたが。
『美女と野獣』はレア・セドゥの美貌を堪能。
物語としてはあまり面白味がなかったかなあという印象。
おとぎ話の映画化としては過不足のない感じでありました。
『THE NEXT GENERATIONパトレイバー』はいつも通り。
今回は明に焦点を当てたお話だったなという気はします。
特にEP11.「THE LONG GOODBYE」の切なさが素晴らしい。
残すは最終章と長篇映画版のみ。
終わってしまうのはやっぱり寂しい気がします。
『仮面ライダー×仮面ライダー ドライブ&鎧武MOVIE大戦』も悪くない。
但し,仮面ライダードライブはまだ自分が乗り切れていません。
仮面ライダー鎧武のほうは素直に楽しかったのですけれどね。
如何にもお祭り映画らしい派手な演出が面白かったです。
posted by 森山 樹 at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞記録

2014年12月02日

2014年12月映画鑑賞予定

2014年12月の映画鑑賞予定は下記のとおり。
『美女と野獣』(公開中)
『インターステラー』(公開中)
『フューリー』(公開中)
『THE NEXT GENERATIONパトレイバー/第6章』(ミッドランド 公開中)
『ホビット 決戦のゆくえ』(12.13公開)
『仮面ライダー×仮面ライダー ドライブ&鎧武MOVIE大戦』(12.13公開)
『バッドマイロ!』(センチュリー公開未定)

例年通りにあまり心惹かれる映画が少ない12月。
かなり多忙なので助かるのは助かります。
それでも『ホビット 決戦のゆくえ』は素直に楽しみ。
原作を如何に改編しているのかも興味深いところであります。
特に優遇されているエルフ勢の活躍に期待します。
『美女と野獣』『パトレイバー』も早めに鑑賞したいもの。
『パトレイバー』は期間限定公開というのも厳しいです。
上映する劇場も限られていますからね。
此処まで付き合ったので最後まで完走したいものです。
後は『仮面ライダー』くらいかなあ。
如何に仮面ライダー鎧武の後日譚を描くのか楽しみ。
『インターステラー』は見たいのだけど,上映時間が長過ぎです。
流石に3時間近い映画は二の足を踏んでしまいます。
それなりに評判はいいので鑑賞したいのではありますけれども。
posted by 森山 樹 at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞予定

2014年12月01日

2014年11月映画鑑賞記録

2014年11月に鑑賞した映画は以下のとおり。
・ヘラクレス
・イコライザー
・ドラキュラZERO
・エクスペンダブルズ3ワールドミッション

11月も鑑賞できた映画は4本に留まりました。
仕事が多忙を極めたのがその大きな要因。
今月も状況は然程変わりがないのが辛いです。
『美女と野獣』を見逃したのは痛恨事だなあ。
レア・セドゥの主演映画だったというのに。
鑑賞した4本がいずれも一定水準以上に楽しかったのは僥倖。
特に『エクスペンダブルズ3』は底抜けに楽しかった。
この種の知能指数が低い映画はやはり大好物であります。
ブルース・ウィリスの降板は残念だったけれどね。
アントニオ・バンデラスとハリソン・フォードの存在感が素敵でした。
悪役としてのメル・ギブソンは最早様式美の域だよなあ。
『ヘラクレス』は予告とは違ったけれど,それなりに面白かった。
個人的には12の難業をそのまま映画化してほしかったなあ。
弓使いのアタランテが非常に麗しかったのが好印象です。
『イコライザー』はデンゼル・ワシントンが格好良い。
クロエ・グレース・モレッツにあまり魅力を感じなかったのは悲しいけれど。
『ドラキュラZERO』はまさにシリーズ開幕を告げるかのような作品。
メフメト2世をあそこで殺してしまうのは世界史趣味者としては気になります。
ドラキュラことヴラド・ツェペシュには好意的な描き方は新鮮でありました。
続篇はやはり製作されるのかなあ。
posted by 森山 樹 at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞記録