2014年06月30日

マチェーテ・キルズ

〈2014年映画感想18本目〉
マチェーテ・キルズ
MACHETE KILLS
2013年 アメリカ 108分
監督:ロバート・ロドリゲス
配給:オープン・ロード・フィルムズ/ファインフィルムズ
出演:ダニー・トレホ,メル・ギブソン,デミアン・ビチル,アンバー・ハード,ミシェル・ロドリゲス,ソフィア・ベルガラ,カルロス・エステベス,ウォルトン・ゴギンズ,ジェシカ・アルバ,レディ・ガガ

 『マチェーテ』の続篇。前作同様にダニー・トレホが演じるマチェーテが悪人どもを殺しまくるだけの作品であります。それで十分面白いというのが或る意味で非常に悪質。とは言え,前作の方がはるかに面白かったのも事実ではあります。一応,前作は不法移民問題という社会性も有していたのですけれどね。主題性の希薄さが物語を薄いものにしています。尤も,それはそれであってもなくてもどうでもいいようなものだけれども。前作からの直系の続篇ということでマチェーテの恋人としてジェシカ・アルバが演じるサルタナ・リベラは登場しますが,冒頭で惜しげもなく殺害されるあたりがこの作品らしいと言えば如何にもらしい感じ。というわけで,結局のところはマチェーテの相方及び相棒としてはミシェル・ロドリゲスが演じるルースが務めることになります。ミシェル・ロドリゲスの肉食系美女ぶりは相変わらず魅力的。やっぱり,この姉さんの格好良さは異常であります。そのマチェーテと対峙する相手はメル・ギブソンが演じる武器商人ルター・ヴォズ。他にもチャーリー・シーンやアントニオ・バンデラスらも登場し,何気に豪華な配役となっています。前作で強烈な印象を残したリンジー・ローハンの再演がなかったのは残念だったけれど。変装の達人エル・カメレオンは結構お気に入り。変装後をレディ・ガガやアントニオ・バンデラスが演じるというのも楽しい。物語をとやかく言う類の作品ではありません。マチェーテ役のダニー・トレホの凶悪な存在感を楽しむだけの作品と言い切っていいのでありましょう。個人的にはそれで十分に満足です。なお,ロバート・ロドリゲス作品らしく,嘘予告篇は今回も健在。但し,冒頭の嘘予告が物語の最終盤に繋がっていくのは抱腹絶倒もの。多分,本気で続篇を作るつもりなのでしょうね。宇宙を舞台としたマチェーテの活躍を大いに期待したいものであります。多分,酷い内容なのだろうけれども。
posted by 森山 樹 at 06:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 感想(映画館)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/100823411
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック