2014年12月24日

2014年12月映画鑑賞記録

2014年12月に鑑賞した映画は以下のとおり。
・美女と野獣
・THE NEXT GENERATIONパトレイバー/第6章
・仮面ライダー×仮面ライダー ドライブ&鎧武MOVIE大戦
・ホビット 決戦のゆくえ

12月も4本の映画を鑑賞しました。
もう少し観たかったところですが,仕方がありません。
最低限の映画は鑑賞できたということにしておきます。
『インターステラー』を見逃したのは残念ですけれどね。
『ホビット 決戦のゆくえ』はほぼ期待通りの出来でした。
全篇が戦闘なので見どころが十分。
特にスマウグとバルドの対峙が実に格好良かった。
五軍の戦いも劇的な戦いが楽しかったです。
タウリエルとレゴラスのエルフ勢が優遇され過ぎではありましたが。
『美女と野獣』はレア・セドゥの美貌を堪能。
物語としてはあまり面白味がなかったかなあという印象。
おとぎ話の映画化としては過不足のない感じでありました。
『THE NEXT GENERATIONパトレイバー』はいつも通り。
今回は明に焦点を当てたお話だったなという気はします。
特にEP11.「THE LONG GOODBYE」の切なさが素晴らしい。
残すは最終章と長篇映画版のみ。
終わってしまうのはやっぱり寂しい気がします。
『仮面ライダー×仮面ライダー ドライブ&鎧武MOVIE大戦』も悪くない。
但し,仮面ライダードライブはまだ自分が乗り切れていません。
仮面ライダー鎧武のほうは素直に楽しかったのですけれどね。
如何にもお祭り映画らしい派手な演出が面白かったです。
posted by 森山 樹 at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞記録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/108161315
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック