2010年10月03日

よく利用する映画館

 「暁に,死す」のミハイル暁さんとこの記事に触発された記事です。大元は破壊屋さんの「シネコン各社サービス比較表」ということになるのかな。首都圏のシネコンのサービスが比較されていて面白いです。全国一律のサービスじゃなかったことを初めて知りました。
 東海地区(三重県)在住の自分が良く利用する映画館は下記のような感じ。

●109
 主に利用するのは四日市。但し,名古屋でしか上映しない作品も多いです。「涼宮ハルヒの消失」は名古屋で見ました。どちらも駅に近いのが嬉しい。尤も,109名古屋は名駅からは結構歩くだけの距離があるけれど。それから名古屋は人出が多いのがあまり好きじゃありません。その点で四日市は割と空いていることに好評価。
 109は月曜日がメンズ・デーで1000円で観られるのが他社にはないサービス。また,毎月10日も1000円で鑑賞出来ます。カード会員にはなっていないけれど,なれば結構お得みたいですね。

●ワーナー・マイカル・シネマ
 主に利用するのは鈴鹿。ごく稀に津も。桑名は行ったことがないなあ。最寄りの映画館と言うこともあり,一番利用しています。ここと109四日市で大抵の映画は鑑賞出来ますね。周回遅れで「涼宮ハルヒの消失」や「劇場版銀魂」の上映もしてくれました。
 5回鑑賞すれば1回無料で鑑賞できるのは地味に大きい。個人情報書かなくていいのも個人的には好み。今年に入って4回無料で観ています。毎月20日は1000円で観られるけど,こっちは利用したことがないなあ。

●伏見ミリオン座
 ここからは単館系の映画館。伏見ミリオン座は伏見駅のすぐ近くにあります。今まで行ったことのある映画館の中でも一番好きかもしれません。単館系の映画館にしては清潔感があるのが嬉しい。「劇場版文学少女」や「パンズ・ラビリンス」をここで鑑賞しました。
 下記のゴールド&シルバー劇場と共通のシネクラブ会員になれば1300円で鑑賞出来ます。が,入会金3000円(更新料2500円)はちょっと痛い。そんなに頻繁に来るわけじゃないしね。毎月17日は1000円ですが,こっちも利用したことはありません。

●ゴールド&シルバー劇場
 名古屋駅の近くにある単館系映画館。施設は古く,昔ながらの映画館の雑然とした雰囲気があります。問題は座席が堅くて狭いこと。但し,ここでしか上映のない映画も多いので伏見ミリオン座とほぼ同等には利用しています。最近だと「武士道シックスティーン」を鑑賞しました。
 上記のように伏見ミリオン座と共通のシネクラブ会員になれば1300円で鑑賞が可能です。こちらは毎17日の1000円サービスはないみたい。

●名演小劇場
 名古屋は栄駅と新栄駅の中間くらいにある単館系の映画館。割と文芸系の映画を中心に上映している印象があります。「ヴィクトリア女王 世紀の愛」とか「人生に乾杯!」を鑑賞した覚えが。最近はあまり行っていないですね。地味な歴史映画の上映が多いのは重宝しています。
 幾つか割引サービスはあるようですが,利用したことはありません。基本的に名古屋の映画館は休日の昼間の鑑賞なので正規料金で観ることが多いです。

●ミッドランドスクエアシネマ&ピカデリー
 名古屋駅前にある交通の便は非常にいいシネコンです。が,殆ど利用したことはありません。109とかワーナー・マイカル・シネマと上映内容が結構被っているのですよね。わざわざ,ここまで来て観ようと思える映画がないと利用する機会は無に等しいです。
 ピカデリーは会員サービスがないみたい。ミッドランドスクエアシネマは1500円の入会金で会員になると鑑賞料金が1500円になるようです。でも,公式サイトからクーポン券を印刷すれば1600円で鑑賞できるから,こっちのほうがお得かも。

●TOHOシネマ名港
 此方もあんまり利用したことはありません。名古屋駅から遠過ぎると不便なんですよね。自動車で行くにはちと遠いし。ただ,TOHOシネマは他では上映しない映画も割とある印象です。偶に観に行きたい映画があるのですが,時間の都合がつかなくて行けないという。
 こちらは毎月14日が1000円のようですが,勿論利用したことはありません。会員になればスタンプラリー(6回鑑賞で1回無料)の他にシネマイレージをやっているのが他と違って面白いかもしれません。

 基本的にはレイトショーを中心に鑑賞するので会員特典はあまり興味がなかったりします。寧ろ,ワーナー・マイカル・シネマのように5回鑑賞したら1回無料というほうが有難い。ちなみに名古屋の単館系映画館で鑑賞の際はチケットセンターで割引券を購入しています。年に数本しか映画を鑑賞しなかった以前と違って,現在のように年間30本以上鑑賞すると映画代も馬鹿にならないのです。
 地方在住の身としては割と映画鑑賞する環境には恵まれていると思います。名古屋まで足を延ばせば大抵の映画は観られるわけですし。問題はどこで映画を観るかではなく,どの映画を観るかでしょう。映画好きの端くれとして自分好みの映画を鑑賞出来ればなと思います。自分が観たい映画が一番ですよ。世間の評判よりも観たい映画を観ることのほうがずっと楽しいです。
posted by 森山 樹 at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑文
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41085315
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック