2011年01月07日

2010年の反省と2011年の抱負

 2007年が5本,2008年が11本,2009年が22本と来て,2010年は鑑賞した映画が44本となりました。毎年倍増している計算になります。しかし,本当によく見たものだ。すっかり映画を見ることが習慣となった感があります。それだけ,2010年は見たい映画が多かったということもあるのでしょうけれど。ただ,流石に限界に近い印象はあります。出来れば,50本見たいなとは思いますが,昨年並みに見られれば充分でしょう。無理をして興味の湧かない映画を見る気はありません。

 鑑賞した映画の分析は後日行うとして,特に印象に残った映画は『第9地区』。あれは本当に面白かった。『インセプション』も楽しめたのですが,この作品を真に楽しむには自分の映画経験値が低すぎる気がします。時間を置いて再度鑑賞したいと思っています。他に楽しめた作品は『特攻野郎Aチーム』や『プレデターズ』など。勿論,その筋の人間としては『エクスペンダブルズ』や『マチェーテ』も堪能しました。冷静に考えれば酷い映画ですが,そこがまた愛おしいのです。邦画では『書道ガールズ』と『時をかける少女』が好き。話題になった『告白』は結局観に行けませんでしたね。また,『劇場版銀魂』や『涼宮ハルヒの消失』,『借り暮らしのアリエッティ』,『劇場版“文学少女”』とアニメも結構行っている気がします。TVアニメはあまり見る気がしないのに劇場版だと観たくなるのが不思議です。

 今年の目標は上述のように年間50本を見ること。そして,昨年同様に鑑賞直後に感想を書くことを心がけたいと思います。それから映画経験値の絶対的な不足は否めませんので,少しずつ鑑賞する映画の幅を広げていきたいなと思っています。今までに触れていない過去の名作も観たいものですが,そこまで時間があるかどうか。何はともあれ,今年も充実した映画鑑賞生活が送れることを願っています。
posted by 森山 樹 at 07:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑文
この記事へのコメント
あけましておめでとうございます〜。
コメントありがとうございました♪
今年もよろしくお願いします。

年々、鑑賞数が倍になってるんですね。
この調子ですと今年の50本、いけるのでは?(^^) いずれにしても、自分が観たいと思う映画を楽しんで観たいですね〜♪
Posted by りら at 2011年01月11日 21:52
>りらさん
明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いします。

鑑賞数は倍々になってますね,不思議なことに。
ただ流石にそろそろ限界という気もします。
50本観られたらいいですね〜。
尤も,鑑賞する質を上げていきたいというのもあります。
まだまだ映画経験値が足りていませんので。
何はともあれ楽しんで鑑賞したいものですねvv
Posted by 森山 at 2011年01月12日 06:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/42423519
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック