2012年02月05日

2012年2月映画鑑賞予定

2012年1月に鑑賞した映画は以下の3本。
・宇宙人ポール
・ブラッディ・パーティ
・ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬

とりあえずはそれなりに順調な滑り出しでしょうか。
『宇宙人ポール』は素晴らしく面白かった。
早くも2012年ベスト級の作品であると言えます。
サイモン・ペッグとニック・フロストの作品に外れはありませんね。
近場では今月の上映なので2回目を鑑賞することも検討します。
『ブラッディ・パーティ』はドイツ産の吸血鬼映画。
典型的な吸血鬼映画でありましたが,個人的には大満足。
特に滅びを自ら選んだシャルロッテが印象的でした。
『ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬』はコメディスパイ映画。
何も考えずに楽しめます。
こういう娯楽に徹した映画も大好きですね。

2012年2月の映画鑑賞予定は下記のとおり。

『J.エドガー』
『海賊戦隊ゴーカイジャーVS宇宙刑事ギャバン』
『ダーク・フェアリー』
上記三作品は既に鑑賞済みです。

『ドラゴン・タトゥーの女』
〈ミレニアム〉三部作の第一作目の映画化。
原作小説は頗る評判がいいのですよね。
スウェーデンのミステリという変わり種な部分も魅力的。
原作に触れてから鑑賞したいけれど時間的に厳しいかな。
いずれにせよ,絶対に鑑賞する予定です。

『TIME/タイム』
時間を貨幣の代わりにやり取りする世界を描くSF映画。
昨年末から予告篇が流されて気になっていました。
何よりも主演がアマンダ・サイフリッドというのが大きい。
自分にしては珍しいのですが女優目当てで鑑賞する作品です。
勿論,物語も面白ければ,尚いいのですが。

『ものすごくうるさくて,ありえないほど近い』
911の同時多発テロで父親を亡くした少年の物語。
これも予告篇でかなり気になっていた作品です。
本来感動もの映画には然して興味はないのですが,
本作に限ってはかなり心惹かれるものを感じます。
自分の直感を信じて鑑賞しようと思っています。

『禁断メルヘン 眠りの森の美女』
「眠れる森の美女」と「雪の女王」を再編した映画とのこと。
この種の童話・昔話を再構成した作品は大好物です。
問題は近場での上映がなさそうなこと。
せめて名古屋で上映してくれれば嬉しいのですけれど。
情報蒐集に努めたいと思います。

『アンダーワールド 覚醒』
吸血鬼族と狼男族の抗争を描くゴシック・アクション映画。
ただ,このシリーズは見たことがないのですよね。
題材からはかなり好みな感じがするのですが。
一応は近場でもありそうなのが幸いではあります。
問題は3D上映のみということかなあ。

『顔のないスパイ』
スパイ映画は好きなので一応リストアップ。
但し,近場での上映はなさそう。
名古屋に遠征してまで見たい映画というわけではないですね。
優先順位はかなり低め。
機会があれば,といったところでしょうか。

既に3本鑑賞していますが,見たい映画が多いのは嬉しい。
最優先は『ドラゴン・タトゥーの女』と『ものすごくうるさくて,ありえないほど近い』。
『TIME/タイム』もアマンダ・サイフリッド目当てながら絶対に観たい作品です。
『禁断メルヘン 眠れる森の美女』も是非とも見たいのですけれどねえ。
こういうときに田舎暮らしが恨めしく思えてなりません。
それでも名古屋に出れば,それなりに鑑賞出来る分,恵まれてはいるのですが。
『アンダーワールド 覚醒』は過去作から見るべきかもしれませんね。
余裕があれば検討してみたいと思います。

問題は未だに感想を書けていない作品が多いということ。
体調不良に苛まされたのが要因でした。
なるべく早めに感想を書けるように頑張りたいと思います。
posted by 森山 樹 at 20:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞予定
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/53457997
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック