2013年11月16日

劇場版獣電戦隊キョウリュウジャー

〈2013年映画感想36本目〉


劇場版獣電戦隊キョウリュウジャー
2013年 日本 29分
監督:坂本浩一
脚本:三条陸
配給:東映
出演:竜星涼,斉藤秀翼,金城大和,塩野瑛久,今野鮎莉,丸山敦史,中村静香,桃瀬美咲佃井皆美,森川智之,菅生隆之,戸松遙,宮野真守,折笠愛

 現在放映中の特撮TV番組『獣電戦隊キョウリュウジャー』の劇場版作品です。最近は他の〈スーパー戦隊〉や或いは〈仮面ライダー〉,〈メタルヒーロー〉との共演作品が多かったので単独の〈スーパー戦隊〉による映画はかえって新鮮に思えました。共演作品はどうしても個々の〈スーパー戦隊〉や〈仮面ライダー〉に当てられる焦点が少なくなってしまうので,印象が暈けてしまうことが多いのですよね。お祭り作品としてならば問題はないのでしょうけれど,多用されると食傷気味になってしまいます。本作はいつも通りの〈スーパー戦隊〉作品に仕上がっています。尺が短いので,TV放映される通常版をやや拡大した形と言えばよいのでしょうか。悪のキョウリュウジャーとも言えるデスリュウジャーの登場もあり,なかなか楽しめました。ただ,如何せん『獣電戦隊キョウリュウジャー』のノリ自体が自分には厳しいものがあるのですよね。子供向けの番組を楽しませて貰っている立場ですから,特に不満はないのですけれども。なお,そのデスリュウジャーの配下として戦うレムネアとアーシーのディノガールズはなかなか魅力的でありました。また,ヒロインである天野美琴とキョウリュウレッドこと桐生ダイゴとの仄かな浪漫も印象的。そして,この劇場版のお話が後に本篇にも関わってくるというのが面白かったです。その意味でも正統派の劇場版と言えるのではないでしょうか。まあ,物語的には薄いけどね。時間を考えれば仕方ないところでありましょう。
posted by 森山 樹 at 19:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 感想(映画館)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/80738278
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック