2014年01月07日

2013年下半期回顧録

下半期に鑑賞した映画は全部で38本。
2回見た作品も2本あるので全部で40回劇場鑑賞しています。
まさか上半期よりも鑑賞数が増えるとは思ってもいませんでした。
特に9月は一か月で9本を鑑賞する過去最高記録。
その割には見逃している作品が幾つもあるのが残念です。
まあ,鑑賞したい映画を全て見るのも不可能ではありますけれどね。
地方在住の身なれど可能な限り鑑賞したいとは思っています。

印象に残っている映画は多々ありますが,特筆すべきは『パシフィック・リム』かなあ。
劇場に足を二度運んだ映画のひとつであります。
字幕版も吹替版もあまりに趣味的で楽し過ぎました。
趣味の人が作った趣味全開の映画は望むところでありますね。
『ワイルド・スピード:ユーロ・ミッション』もシリーズ好きにはたまらない。
返す返すもポール・ウォーカーの事故死が悲し過ぎます。
今後はヴィン・ディーゼルとドウェイン・ジョンソンのふたりが主軸となるのかしら。
『REDリターンズ』も結構好み。
アンソニー・ホプキンスの茶目っ気のある演技がたまらないです。
『武器人間』や『タイピスト!』といったあたりも良かったですね。
邦画は殆ど見ていませんが『清須会議』は普通に面白かった。
アニメ作品ではやはり『劇場版銀魂完結篇』でありましょう。
あの悪質な笑いは自分の求めるところです。

下半期に書いた感想は全部で34本。
上半期が12本だったので,かなり頑張ったのではないでしょうか。
それでもまだ積み残しが相当数あるのは大問題。
地道に感想を綴っていこうと思います。
やはり極力の即時更新を心がけねばなりません。
積み過ぎると億劫になってしまいますからね。
posted by 森山 樹 at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞記録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/84791809
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック