2014年01月11日

2013年の反省と2014年の抱負

 鑑賞した映画は過去最高の68本。前年よりも更に14本増加しました。流石にこれくらいが限度な気はしますけれどね。個人的な趣味から単館系の映画を観賞する機会が増えた気がします。また,2度劇場に足を運んだ作品も3本ありました。これもまた自分としては初めての出来事であります。因みに68本のうちで国産映画は全部で17本。その殆どがアニメと特撮であります。このあたりはれに念通りの傾向と言えましょう。相変わらず,国産映画にはあまり興味を持つことが出来ません。

 感想は全部で46本書きました。自分では結構頑張ったつもりですが,それでも積み残しがかなり出来てしまっているのは痛恨事。今年こそは観賞後直ぐに即時更新を行いたいと思います。感動が薄れる前に書いてしまわないと勿体ないのですよね。勿論,時間が経ってこそ書ける感想もあるのでしょうけれども。

 今年の目標も引き続き興味を持った映画を積極に観賞すること。そして,観賞した映画は直ちに感想を書くこと。これに尽きます。また,未だに映画経験値の低さは自覚するところなので観賞する枠を広げていきたいという意思はあります。本数はそれほど意識しませんが,一週間に一本程度は観賞したいものです。50本見られればいいかなといった感じ。なにはともあれ,素敵な映画に数多く出逢いたいものであります。

 追記。今年から新たな試みとして「2013年のベスト」的な記事を書こうと思います。此方も近日中に。序列をつけるのは好みではありませんので,印象に残った作品を並列的に取り上げる形になるでしょう。
posted by 森山 樹 at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑文
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/85098518
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック