2014年02月26日

獣電戦隊キョウリュウジャーVSゴーバスターズ

〈2014年映画感想4本目〉
獣電戦隊キョウリュウジャーVSゴーバスターズ
2014年 日本 63分
監督:坂本浩一
配給:東映
出演:竜星涼,斉藤秀翼,金城大和,塩野瑛久,今野鮎莉,丸山敦史,鈴木勝大,馬場良馬,小宮有紗,松本寛也

 毎年恒例のスーパー戦隊VS映画。今回は『獣電戦隊キョウリュウジャー』と『特命戦隊ゴーバスターズ』が中心になりますが,それに加えて『恐竜戦隊ジュウレンジャー』と『爆竜戦隊アバレンジャー』も重要な立ち位置を占めているのが嬉しい。宇宙大恐竜ボルドスの侵略から地球を守る為に戦うスーパー戦隊たちの姿が描かれます。キョウリュウジャーとゴーバスターズがそれぞれの立ち位置で共演するというのはやはり楽しいです。また,敵としては懐かしのグリフォーザーとガイルトンが新たな姿で登場する他,ゴーバスターズと激闘を繰り広げたエンターとエスケイプも復活。特にエスケイプは大好きなので本当に嬉しかった。勿論,あの印象的な名乗りも見せてくれます。そして何よりも恐竜戦隊ジュウレンジャーのティラノレンジャーことゲキと爆竜戦隊アバレンジャーのアバレッドこと伯亜凌駕,アバレブルーこと三条幸人が登場するというのはやはり感涙ものであります。アバレイエローの樹らんるにも登場して欲しかったけれど芸能界を引退しているから無理だったのだろうなあ。また,ゲキ以外の恐竜戦隊ジュウレンジャーの4人も当時演じた本人がきちんと声をあてているというのがたまりません。プテラレンジャー・メイの声が千葉麗子ということを知ったときの驚きは大きいものがありました。事前に情報仕入れていなかったのは大正解だったように思います。物語としては如何にもお祭り映画ということで可もなく不可もなくといった感じかな。キョウリュウジャーとゴーバスターズを中心としたスーパー戦隊の活躍を大いに堪能できる素敵な作品でありました。なお,最新作『烈車戦隊トッキュウジャー』も出演していますが,他のスーパー戦隊との絡みは全くなし。これは今後の劇場版の中で生かされる設定となるのか楽しみにしたいと思います。
posted by 森山 樹 at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 感想(映画館)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/88404509
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック