2014年05月25日

リディック:ギャラクシーバトル

〈2014年映画感想15本目〉
リディック:ギャラクシーバトル
RIDDICK
2013年 アメリカ 119分
監督:デヴィッド・トゥーヒー
配給:プレシディオ
出演:ヴァン・ディーゼル,カール・アーバン,ジョルディ・モリャ,マット・ネイブル,ケイティー・サッコフ,デイヴ・バウティスタ,ボキーム・ウッドバイン,ノーラン・ジェラード・ファンク

 銀河最凶の悪漢リディックの活躍を描くSFアクション映画です。過去作にあたる『ピッチブラック』及び『リディック』はどちらも未見。その為,設定が分かりづらい部分がありました。物語としても過去作との繋がりは結構重要な要素に思われます。可能な限り,過去作に触れることが望ましいように感じました。とは言え,内容はヴァン・ディーゼルが演じるリディックの戦いを楽しむだけの単純なもの。部下の裏切りにより荒涼とした惑星に置き去りにされたリディックのサバイバルと戦いだけを楽しむ映画でありましょう。如何にも,ヴァン・ディーゼルが主演をするに相応しい作品であります。この手の映画が好きならば,それなりに楽しめる筈。個人的には舞台となる惑星の生態系が非常に興味深かった。ありがちではあるけれど,序盤の伏線を結末に上手く活かしたなという印象があります。リディックを狙う賞金稼ぎサンタナ役のジョルディ・モリャの非道ぶりも素敵。如何にも小物といった雰囲気がたまりません。その残虐な死は因果応報というべきなのでありましょう。一方でリディックと関わって命を落とした息子の復讐に燃えるボス・ジョンズ役はマット・ネイブル。徐々に育まれていくリディックとの奇妙な友情が熱いです。そのボス・ジョンズに従う美女ダールを演じるケイティー・サッコフも魅力的。戦う女性としての美しさが素敵であります。物語としては説明不足な印象があり,結末も何処か釈然としないものを感じてしまいます。結局,裏切った部下に対する復讐には至らず,惑星を脱出するだけで終わってしまいましたからね。このあたりは次回作に持ち越しということなのでしょうか。ヴァン・ディーゼルの過激な戦いを楽しむには申し分のない作品だと思います。過去作を見ることで関連性は理解したいと思います。
posted by 森山 樹 at 12:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 感想(映画館)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/97994542
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック