2014年12月02日

2014年12月映画鑑賞予定

2014年12月の映画鑑賞予定は下記のとおり。
『美女と野獣』(公開中)
『インターステラー』(公開中)
『フューリー』(公開中)
『THE NEXT GENERATIONパトレイバー/第6章』(ミッドランド 公開中)
『ホビット 決戦のゆくえ』(12.13公開)
『仮面ライダー×仮面ライダー ドライブ&鎧武MOVIE大戦』(12.13公開)
『バッドマイロ!』(センチュリー公開未定)

例年通りにあまり心惹かれる映画が少ない12月。
かなり多忙なので助かるのは助かります。
それでも『ホビット 決戦のゆくえ』は素直に楽しみ。
原作を如何に改編しているのかも興味深いところであります。
特に優遇されているエルフ勢の活躍に期待します。
『美女と野獣』『パトレイバー』も早めに鑑賞したいもの。
『パトレイバー』は期間限定公開というのも厳しいです。
上映する劇場も限られていますからね。
此処まで付き合ったので最後まで完走したいものです。
後は『仮面ライダー』くらいかなあ。
如何に仮面ライダー鎧武の後日譚を描くのか楽しみ。
『インターステラー』は見たいのだけど,上映時間が長過ぎです。
流石に3時間近い映画は二の足を踏んでしまいます。
それなりに評判はいいので鑑賞したいのではありますけれども。
posted by 森山 樹 at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞予定

2014年11月10日

2014年11月映画鑑賞予定

2014年11月の映画鑑賞予定は下記のとおり。
『ヘラクレス』(公開中)
『イコライザー』(公開中)
『ドラキュラZERO』(公開中)
『エクスペンダブルズ3ワールドミッション』(公開中)
『美女と野獣』(公開中)
『サボタージュ』(109名古屋 公開中)
『トワイライトささらさや』(公開中)
『パワー・ゲーム』(109名古屋 11.14公開)
『西遊記』(11.21公開)
『インターステラー』(11.22公開)
『フューリー』(11.28公開)
『THE NEXT GENERATIONパトレイバー/第6章』(ミッドランド 11.28公開)

上から4つは鑑賞済。
今月は何かと慌ただしいので効率よく劇場に足を運ばないといけません。
と言っても,残りはそれ程優先度の高い作品は多くないんだけどね。
『美女と野獣』は一応観に行くつもり。
『インターステラー』と『フューリー』も多分観ることになる筈。
『THE NEXT GENERATIONパトレイバー』は絶対に観る。
此処まで付き合ったのだから完走を目指します。
『トワイライトささらさや』は原作が好きなんだよね。
大泉洋の配役も嵌っているのではないかと思うけれども。
『サボタージュ』と『パワー・ゲーム』は名古屋遠征というのが残念。
時間的に余裕があれば,と言ったところでしょうか。
『西遊記』は期待しすぎない方がいいような気がしますね。
posted by 森山 樹 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞予定

2014年10月08日

2014年10月映画観賞予定

2014年10月の映画鑑賞予定は下記のとおり。
『フライト・ゲーム』(公開中)
『記憶探偵と鍵のかかった少女』(公開中)
『劇場版零』(公開中)
『ゲッタウェイ・スーパースネーク』(公開中)
『リスボンに誘われて』(伏見ミリオン座公開中)
『バツイチは恋の始まり』(伏見ミリオン座公開中)
『グレース・オブ・モナコ』(10.18公開)
『THE NEXT GENERATIONパトレイバー/第五章』(ミッドランドシネマ10.18公開)
『メアリーと秘密の王国』(10.18公開)
『ヘラクレス』(10.24公開)
『イコライザー』(10.25公開)
『カムバック』(センチュリーシネマ10.25公開)
『ドラキュラZERO』 (10.31公開)

『フライト・ゲーム』と『記憶探偵と鍵のかかった少女』は鑑賞済み。
大物は少ないけれど,鑑賞したい映画はそれなりにある印象です。
『THE NEXT GENERATIONパトレイバー/第5章』は絶対観賞。
『ヘラクレス』と『ドラキュラZERO』も優先度は高めかなあ。
ニック・フロスト主演の『カムバック』にも期待しています。
後はどれも微妙な感じ。
近場で上映の『ゲッタウェイ・スーパースネーク』は一応観賞するつもり。
『グレース・オブ・モナコ』も悪くはなさそうな感じですよね。
クロエ・グレース・モレッツの『イコライザー』はちょっと気になるところ。
今月は他趣味が結構忙しいので映画に避ける時間は少なそう。
それでも5〜6本は鑑賞したいものであります。
posted by 森山 樹 at 19:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞予定

2014年09月04日

2014年9月映画観賞予定

2014年9月の映画鑑賞予定は下記のとおり。
『思い出のマーニー』(公開中)
『イントゥ・ザ・ストーム』(公開中)
『LUCY/ルーシー』(公開中)
『ルパン三世』(公開中)
『ケープタウン』(109名古屋 公開中)
『フライト・ゲーム』(09.06公開)
『ザ・ヘラクレス』(09.06公開)
『アイ,フランケンシュタイン』(09.06公開)
『フル・スロットル』(ミッドランドスクエアシネマ 09.06公開)
『るろうに剣心 伝説の最期篇』(09.13公開)
『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』(09.13公開)
『リスボンに誘われて』(伏見ミリオン座 09.13公開)
『ゲッタウェイ スーパースネーク』(09.20公開)
『NY心霊捜査官』(09.20公開)
『わたしは生きていける』(ピカデリー 09.20公開)
『劇場版零』(09.26公開)
『ファーナス 訣別の朝』(ミッドランドスクエアシネマ 09.27公開)
『バツイチは恋の始まり』(伏見ミリオン座 09.27公開)
『記憶探偵と鍵のかかった少女』(センチュリーシネマ 09.27公開)

何気に鑑賞したい映画が多い一か月。
先月からの積み残しも多いので効率よく鑑賞しないといけません。
先ずは『思い出のマーニー』と『LUCY/ルーシー』が最優先。
剥き出しの地雷こと『ルパン三世』もダメ実写化映画好きには見逃せない。
『イントゥ・ザ・ストーム』も興味は結構あるんですよね。
今月公開組では『ザ・ヘラクレス』と『アイ,フランケンシュタイン』は優先度が高め。
『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』もかなり期待できそうです。
勿論,『るろうに剣心 伝説の最期篇』も楽しみにしています。
十本刀の扱いには不安しかありませんけれども。
『記憶探偵と鍵のかかった少女』も面白そう。
公開時期から来月送りになる公算も大ですけれども。
余力があれば『リスボンに誘われて』と『バツイチは恋の始まり』も見たいかなあ。
どちらも普段は積極的に見る種の映画ではありません。
但し,あらすじを読んでいると心惹かれるものを感じてしまいます。
この手の直感は意外によく当たるので信用したいところです。
事故死したポール・ウォーカーの遺作『フル・スロットル』も見たいなあ。
先月があまりにも少なすぎた分を今月は挽回したいと思います。
映画の感想も可能な限り即時更新していきたいもの。
今月から鑑賞したものを優先的に感想を書くつもりです。


posted by 森山 樹 at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞予定

2014年08月02日

2014年8月映画観賞予定

2014年8月の映画鑑賞予定は下記のとおり。
『her/世界でひとつの彼女』(伏見ミリオン座 公開中)
『複製された男』(センチュリーシネマ公開中)
『思い出のマーニー』(公開中)
『るろうに剣心 京都大火篇』(08.01公開)
『バトルフロント』(109名古屋 08.09公開)
『イントゥ・ザ・ストーム』(08.22公開)
『ガンダム Gのレコンギスタ』(TOHOシネマ08.23公開)
『LUCY/ルーシー』(08.29公開)
『ルパン三世』(08.30公開)
『ケープタウン』(109名古屋 08.30公開)
『THE NEXT GENERATIONパトレイバー/第4章』(ミッドランドシネマ08.30公開)
『わたしは生きていける』(ピカデリー 09.20公開)

『るろうに剣心 京都大火篇』は早々に鑑賞したい所存。
二部作の前篇というのはちょっと気がかり。
原作のどのあたりまでを描いてくれるのかしら。
十本刀が個性的に書き分けられているかも楽しみです。
『思い出のマーニー』も存外評判が良くて楽しみ。
ジブリ映画としては割合に自分好みな気がします。
後は微妙な作品が多めな印象の一か月です。
スカーレット・ヨハンソンが主演の『LUCY/ルーシー』は楽しみだけど。
『ケープタウン』もこの中では優先順位は若干高めかな。
『バトルフロント』と『イントゥ・ザ・ストーム』は迷っています。
挙げていないけれど『トランスフォーマー』は気になります。
シリーズは未体験なのだけど,それでも楽しめるのかしら。
『ルパン三世』はダメ実写映画好きとしては期待せざるを得ません。
最近はあまりダメ実写映画って少ない気もするのですけれどね。
『ガンダム Gのレコンギスタ』はイベント上映。
TOHOシネマというのが微妙なところ。
余力があれば鑑賞したいものであります。
『THE NEXT GENERATIONパトレイバー/第4章』は絶対に見ます。
二か月に一度の楽しみになってきた感さえありますね。
特に今回は前回の続きのお話なので大いに期待しています。

posted by 森山 樹 at 09:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞予定

2014年07月04日

2014年7月映画観賞予定

2014年7月の映画鑑賞予定は下記のとおり。
『ニード・フォー・スピード』(公開中)
『ノア 約束の船』(公開中)
『超高速! 参勤交代』(公開中)
『ラスト・ミッション』(TOHOシネマ 公開中)
『her/世界でひとつの彼女』(伏見ミリオン座 公開中)
『トランセンデンス』(公開中)
『オール・ユー・ニード・イズ・キル』(07.04公開)
『マレフィセント』(07.05公開)
『ダイバージェント』(07.11公開)
『THE NEXT GENERATION パトレイバー/第3章』(07.12公開)
『複製された男』(センチュリーシネマ07.18公開)
『思い出のマーニー』(07.19公開)
『劇場版仮面ライダー鎧武』『劇場版烈車戦隊トッキュウジャー』(07.19公開)
『GODZILLA』(07.25公開)

『ニード・フォー・スピード』と『オール・ユー・ニード・イズ・キル』は鑑賞済。
先月からの積み残しを含めて相変わらず鑑賞したい映画が多くて嬉しい悲鳴。
『ノア 約束の船』と『超高速! 参勤交代』は最優先で鑑賞します。
特に評判のいい『超高速! 参勤交代』はかなり期待しています。
7月公開の映画では『マレフィセント』が一番の楽しみ。
「眠れる森の美女」を新たな解釈で描いた作品とのこと。
児童文学やおとぎ話好きとしては見逃すことが出来ません。
『GODZILLA』は〈ゴジラ〉のハリウッド版。
実は〈ゴジラ〉シリーズはまともに鑑賞したことがなかったりします。
予告篇を見る限りではかなり期待できそうな感じで楽しみ。
『ダイバージェント』と『複製された男』はやや優先順位が低めかなあ。
『思い出のマーニー』も余力があればということになりそう。
それなりに好みの映画という感じはするのですけれどね。
『THE NEXT GENERATION パトレイバー/第3章』は必ず観賞します。
やっぱり〈機動警察パトレイバー〉の世界観がたまらなく好きなのです。
『劇場版仮面ライダー鎧武』と『劇場版烈車戦隊トッキュウジャー』も楽しみ。
久しぶりに特撮番組にはまっている気がしています。
今月も相当数の映画を観賞するつもり。
可能な限り見逃さないように計画性を持ちたいものであります。
感想も少しずつ書いていかないとですねえ。
posted by 森山 樹 at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞予定

2014年06月06日

2014年6月映画観賞予定

2014年6月の映画鑑賞予定は下記のとおり。
『THE NEXT GENERATION パトレイバー/第2章』(ミッドランドスクエア公開中)
『グランド・ブダペスト・ホテル』(06.06公開)
『ポンペイ』(06.07公開)
『ニード・フォー・スピード』(06.07公開)
『PERSONA3 The Movie #2』(109名古屋 06.07公開)
『ハミング・バード』(109名古屋 06.07公開)
『トカレフ』(109名古屋 06.07公開)
『ノア 約束の船』(06.13公開)
『300 帝国の進撃』(06.20公開)
『超高速! 参勤交代』(06.21公開)
『聖闘士星矢 LEGEND of SANCTUARY』(06.21公開)
『ラスト・ミッション』(TOHOシネマ 06.21公開)
『her/世界でひとつの彼女』(伏見ミリオン座 06.28公開)
『トランセンデンス』(06.28公開)

『THE NEXT GENERATION パトレイバー/第2章』は観賞済み。
鑑賞したい映画がやたらと多い一か月です。
見逃す作品も相当数ありそうなので,きちんと計画を立てねばなりません。
『ポンペイ』,『ノア 約束の船』,『300 帝国の進撃』は最優先。
特に『300 帝国の進撃』だけは見逃すわけには絶対に行きません。
あの圧倒的な肉体美が楽しめるのが待ち遠しい。
『グランド・ブダペスト・ホテル』と『her/世界でひとつの彼女』も気になるところ。
『her/世界でひとつだけの彼女』はスカーレット・ヨハンソンがヒロインだしね。
邦画は然して興味はないのですが,『超高速! 参勤交代』は面白そう。
『トランセンデンス』も興味深いけれど,来月送りの公算が大きいかなあ。
勿論,『聖闘士星矢 LEGEND OF SANCTUARY』も楽しみであります。
『PERSONA3 The Movie #2』も早めに見に行かないとなあ。
他の作品は余力があれば,といったところでしょうか。
6月は他の趣味も予定がかなり入っているので忙しくなりそう。
なるべく多くの映画を観賞できるように計画の立案をしたいと思います。
月間で10本以上の映画を観賞する可能性も大だなあ。
posted by 森山 樹 at 07:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞予定

2014年05月04日

2014年5月映画観賞予定

2014年5月の映画鑑賞予定は下記のとおり。
『アメイジング・スパイダーマン2』(公開中)
『テルマエ・ロマエII』(公開中)
『プリズナーズ』(ミッドランドスクエア05.03公開)
『曹操暗殺 三国志外伝』(センチュリー05.03公開)
『神聖ローマ,運命の日』(伏見ミリオン座05.10公開)
『機動戦士ガンダムUC episode7』(ミッドランドスクエア05.17公開)
『キカイダーREBOOT』(109シネマ05.24公開)
『ラスト・ベガス』(伏見ミリオン座05.24公開)
『X-MEN:フューチャー&パスト』(05.30公開)
『THE NEXT GENERATION パトレイバー/第2章』(ミッドランドスクエア05.31公開)

『アメイジング・スパイダーマン2』は鑑賞済み。
エレクトロ,グリーン・ゴブリン,ライノと3人のヴィランの登場が楽しい。
まあ,実質的にはエレクトロが中心となってしまっていますけれど。
物語としてはかなり衝撃的な結末ではあります。
第4作目までの制作が発表されているので楽しみ。
最後に出てきた異能者が次回作でスパイダーマンに立ちはだかるのでありましょう。
絶対に観賞するのは『X-MEN:フューチャー&パスト』かな。
『機動戦士ガンダムUC episode7』も最終話だけに期待は大きい。
久しぶりに此処まではまった〈機動戦士ガンダム〉であります。
バナージとオードリーには幸せになって欲しいよね。
『曹操暗殺』と『神聖ローマ,運命の日』は歴史好きとしては鑑賞したい。
特に『神聖ローマ,運命の日』はウィーン包囲が題材であります。
『テルマエ・ロマエII』もなるべく早めに鑑賞したいかな。
『THE NEXT GENERATION パトレイバー/第2章』も楽しみ。
大物映画には欠けますが,楽しみな作品はそれなりの一か月です。
問題は名古屋まで行かないと見られない映画が多いということですね。
効率よく鑑賞できるように予定を組まないといけません。
posted by 森山 樹 at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞予定

2014年04月05日

2014年4月映画観賞予定

2014年4月の映画鑑賞予定は下記のとおり。
『THE NEXT GENERATION パトレイバー/第1章』(ミッドランドシネマ 04.05公開)
『パラノーマル・アクティビティ/呪いの印』(109シネマ 04.11公開)
『ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!』(センチュリーシネマ 04.12公開)
『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』(04.19公開)
『シャドウハンター』(TOHOシネマ 04.19公開)
『アメイジング・スパイダーマン2』(04.25公開)
『テルマエ・ロマエII』(04.26公開)
『ダリオ・アルジェントのドラキュラ』(ピカデリー 04.26公開)

『THE NEXT GENERATION パトレイバー/第1章』は鑑賞済み。
思った以上に〈機動警察パトレイバー〉で楽しめました。
OVA版やTVアニメ版好きなら割とありなのではないかと思います。
逆に劇場版のみに触れている人には結構厳しいかなあとも感じたり。
いずれにせよ,続きも見ることになりそうです。
後は『ワールズ・エンド』は絶対に鑑賞する予定。
サイモン・ペッグは大好きな役者のひとりでありますからね。
『ホット・ファズ』級に楽しめる作品であることを期待します。
『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』と『アメイジング・スパイダーマン2』も楽しみ。
結局のところ,こういったアメコミヒーロー映画は大好物なのです。
『シャドウハンター』も鑑賞する可能性は非常に高め。
原作は読もうと思って結局はまだ未読なのですけれども。
『テルマエ・ロマエII』は過剰な演出にやや不安を覚えますが見ることでしょう。
『ダリオ・アルジェントのドラキュラ』はゴシック・ホラー好きとしてはなるべく見たい作品。
『パラノーマル・アクティビティ/呪いの印』は余力があればといったところでしょうか。
それなりに楽しみな作品が多い一か月となりそうです。
消費税の関係で鑑賞料金が変わった映画館も多いので再確認もしないといけません。
posted by 森山 樹 at 19:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞予定

2014年03月05日

2014年3月映画観賞予定

2014年3月の映画鑑賞予定は下記のとおり。
『劇場版モーレツ宇宙海賊』(TOHOシネマ名古屋ベイシティ 公開中)
『ホビット 竜に奪われた王国』(公開中)
『マチェーテ・キルズ』(TOHOシネマ名古屋ベイシティ 公開中)
『魔女の宅急便』(公開中)
『リディック:ギャラクシーバトル』(03.08公開)
『絶狼〈ZERO〉 白ノ章』(伏見ミリオン座 03.08公開)
『アナと雪の女王』(03.14公開)
『ロボコップ』(03.14公開)
『ドン・ジョン』(03.15公開)
『ローン・サバイバー』(03.21公開)
『絶狼〈ZERO〉 黒ノ章』(伏見ミリオン座 03.22公開)
『平成ライダー対昭和ライダー 仮面ライダー大戦』(03.29公開)
『ダリオ・アルジェントのドラキュラ』(ピカデリー 4月公開)

観賞したい映画が多すぎて,かなり厳しい感じ。
一番楽しみな『マチェーテ・キルズ』が事実上観賞が厳しいのが辛い。
TOHOシネマ系のみ上映の映画は不便な地域なのであります。
最悪の場合は3月末に公開されるユナイテッド豊橋まで行くかなあ。
とりあえず『ホビット 竜に奪われた王国』は観賞済み。
スマウグとの戦いは非常に迫力があって大変楽しめました。
物語は原作からかなり改変されていましたけれどね。
エルフが異常に優遇されていたのは気になるところかなあ。
確実に観賞するのは『リディック:ギャラクシーバトル』と『ロボコップ』かな。
『絶狼〈ZERO〉白ノ章』『絶狼〈ZERO〉黒ノ章』も可能な限り見たいもの。
スカーレット・ヨハンソン出演の『ドン・ジョン』も楽しみですね。
あまりディズニーアニメは好みではないけれど『アナと雪の女王』には期待。
予告篇の映像には胸震えるものがありました。
『魔女の宅急便』は余力があれば,といったところかなあ。
最低でも7〜8本は見たいところであります。
効率の良い観賞計画を立てないと結構厳しい気もするけれども。
posted by 森山 樹 at 20:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞予定

2014年02月02日

2014年2月映画観賞予定

2014年2月の映画鑑賞予定は下記のとおり。
『かぐや姫の物語』(公開中)
『エンダーのゲーム』(公開中)
『アメリカン・ハッスル』(公開中)
『ザ・イースト』(ピカデリー 公開中)
『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』(公開中)
『スノーピアサー』(センチュリーシネマ02.07公開)
『エージェント・ライアン』(02.15公開)
『キック・アス/ジャスティス・フォーエバー』(02.22公開)
『劇場版モーレツ宇宙海賊』(TOHOシネマ名古屋ベイシティ02.22公開)
『ホビット 竜に奪われた王国』(02.28公開)

1月末のインフルエンザの影響で予定がかなり狂ってしまっています。
『エンダーのゲーム』は早めに観賞してしまいたいもの。
但し,近場では字幕版の上映があまりにも少ないのですよね。
最悪は吹替版で我慢せざるを得ないかもしれません。
『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』と『ホビット 竜に奪われた王国』は楽しみ。
『ホビット 竜に奪われた王国』は来月回しの公算ですけれども。
『キック・アス/ジャスティス・フォーエバー』も見逃せません。
クロエ・グレース・モレッツ好きとしては大いに期待しています。
後は『エージェント・ライアン』も間違いなく観賞することになるでしょう。
『劇場版モーレツ宇宙海賊』は思案しどころ。
TVアニメ版は全くの未体験なのですよね。
上映劇場もやや微妙なところであります。
今月も6〜7本は最低観賞したいものであります。
その為に健康管理に気をつけて予定を組まねばなりません。

2月はワーナーマイカルシネマのモバイル会員はいつでも1300円で観賞できます。
こういう企画はちょっと嬉しいですね。
他の劇場でも是非導入して欲しいものであります。
posted by 森山 樹 at 10:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞予定

2014年01月06日

2014年1月映画鑑賞予定

2014年1月の映画鑑賞予定は下記のとおり。
『かぐや姫の物語』(公開中)
『鑑定士と顔のない依頼人』(公開中 伏見ミリオン座)
『ルートヴィヒ』(公開中 伏見ミリオン座)
『大脱出』(01.10公開)
『楊家将』(01.11公開 伏見ミリオン座)
『ブラインド・フィアー』(01.11公開 109名古屋)
『エンダーのゲーム』(01.18公開)
『獣電戦隊キョウリュウジャーVSゴーバスターズ』(01.18公開)
『スティーラーズ』(01.18公開 伏見ミリオン座)
『アメリカン・ハッスル』(01.31公開 伏見ミリオン座)

大物は少ないけれど鑑賞したい映画は多めの一か月。
それなりに忙しいのできちんと計画的に鑑賞したいと思います。
先ずは何と言っても『エンダーのゲーム』。
あの原作を如何に映像化しているのか楽しみでなりません。
映画鑑賞前に原作を復習したいところであります。
『大脱出』もシュワルツェネッガーとスタローンの競演が楽しみ。
歴史趣味者としては『ルートヴィヒ』と『楊家将』も見逃せないところでありましょう。
スタジオ・ジブリの『かぐや姫の物語』も一応見たいとは思っています。
優先順位が低めなのは否めないけれどね。
故ポール・ウォーカーが出演の『スティーラーズ』もやっぱり見たいよね。
コン・ゲーム好きなので『アメリカン・ハッスル』も楽しみ。
流石にこれは来月まわしになる公算が大ですけれども。
『獣電戦隊キョウリュウジャーVSゴーバスターズ』はどうするかなあ。
ジュウレンジャーやアバレンジャーの登場は楽しそうなのですよね。
可能ならば7〜8本は見たいところではあります。
名古屋の単館系が多いのが厄介ではありますけれども。
posted by 森山 樹 at 07:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞予定

2013年12月02日

2013年12月映画鑑賞予定

2013年12月の映画鑑賞予定は下記のとおり。
『清州会議』(公開中)
『REDリターンズ』(公開中)
『オーバードライヴ』(公開中)
『かぐや姫の物語』(公開中)
『47RONIN』(12.06公開)
『ゼロ・グラヴィティ』(12.13公開)
『鑑定士と顔のない依頼人』(12.13公開 伏見ミリオン座)
『ブランカニエベス』(12.14公開 伏見ミリオン座)
『仮面ライダー×仮面ライダー 鎧武&ウィザード』(12.14公開)
『ブリングリング』(12.14公開 センチュリーシネマ)
『ルートヴィヒ』(12.28公開 伏見ミリオン座)
※『楊家将』(01.11公開 伏見ミリオン座)

地味に観たい映画が多くて嬉しい一か月。
2013年の締めくくりに相応しいと言えるでしょう。
問題はどれだけの映画を鑑賞出来るかでありますけれども。
特に単館系の映画が多いのがちょっと厄介。
名古屋まで遠征しないといけないのですよね。
それでも『ブランカニエベス』と『ルートヴィヒ』は絶対に鑑賞するつもり。
『ルートヴィヒ』は来年回しの公算も大きいけれども。
『ブリングリング』も結構面白そうな気がします。
『REDリターンズ』と『オーバードライヴ』は早めに観に行く予定。
『清州会議』も一応優先順位は高めにしています。
『47RONIN』はどうするかなあ。
かなり頭の悪そうな雰囲気が漂っているのが楽しみなのですよね。
『かぐや姫の物語』も気になるところ。
可能な限り多くの映画を鑑賞したいものであります。
posted by 森山 樹 at 06:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞予定

2013年11月05日

2013年11月映画鑑賞予定

2013年11月の映画鑑賞予定は下記のとおり。

『ゴースト・エージェント/R.I.P.D.』(公開中)
『武器人間』(中川コロナ 公開中)
『2ガンズ』(公開中)
『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々:魔の海』(公開中)
『キャリー』(ミッドランドスクエア 11.08公開)
『清州会議』(11.09公開)
『サカサマのパテマ』(センチュリーシネマ 11.09公開)
『悪の法則』(11.15公開)
『PERSONA3 THE MOVIE #1』(109名古屋 11.23公開)
『ベヨネッタ ブラッディフェイト』(センチュリーシネマ 11.23公開)
『REDリターンズ』(11.30公開)
『オーバードライヴ』(11.30公開)

鑑賞したい映画がそれなりに多くて楽しみな一か月。
流石に全部鑑賞するのは厳しいだろうけれどね。
一番の楽しみはやはり前作が面白かった『REDリターンズ』。
但し,公開時期からすると来月に持ち越しの可能性が大。
『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々:魔の海』も絶対に観に行くでしょう。
『武器人間』も優先度は高めだけど公開劇場が微妙過ぎます。
鑑賞出来るかどうかやや微妙ですね。
アニメ映画が多いのも特徴的な一か月。
原作ゲームが好きな『PERSONA3 THE MOVIE』は一応見る予定です。
『サカサマのパテマ』も設定自体はかなり面白そう。
『キャリー』はリメイク作品。
クロエ・グレース・モレッツが主演ということなので楽しみです。
一本でも多く鑑賞したいところではあります。
ちょっと忙しいのが気がかりではありますけれども。

今月から様式を変更しました。
あまり文章が長いと負担が大きいのです。
暫くはこの様式で様子を見たいと思います。
先月に引き続きたまっている映画の感想も順次掲載していく予定です。
posted by 森山 樹 at 06:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞予定

2013年10月02日

2013年10月映画鑑賞予定

2013年10月の映画鑑賞予定は下記のとおり。

『風立ちぬ』(公開中)
未だに公開中というのが素晴らしい。
宮崎駿監督の最後の長篇になるかもしれないという話題性もあるのかな。
しかし,9月末でも満席になった上映を目撃して驚きました。
やはり観に行くべき作品なのかもしれません。

『マン・オブ・スティール』(公開中)
公開から1か月が経ったので流石に上映が少なくなってきました。
順調ならば,10月の映画の日に鑑賞したいと思います。
評判は上々ですし,続篇も決まっているようなので見なければいけません。
もうちょっと早く鑑賞しておけばよかったと悔やんでおります。

『ロード・オブ・セイラム』(10.05公開 センチュリーシネマ)
ロブ・ゾンビ監督によるオカルト・ホラー映画。
この類の悪趣味な映画好きとしては是非とも鑑賞したいもの。
その筋では有名なセイラムの魔女裁判を題材としているのも興味深いです。
名古屋まで遠征する価値は充分にあると思いたいものです。

『天使の処刑人バイオレット&デイジー』(10.19公開 センチュリーシネマ)
10代の美少女殺し屋コンビが主人公のバイオレンス・アクション。
割と頭の悪そうな雰囲気が漂っていますが設定は素直に好み。
ダニー・トレホが出演するというのも自分にとっては加点要素であります。
名古屋まで足を運んででも鑑賞したいと思っています。

『ゴースト・エージェント/R.I.P.D.』(10.18公開)
死後に幽霊となった捜査官コンビの活躍を描くオカルト・アクション。
成仏できない悪霊を逮捕する霊界捜査官という設定が映画としては案外奇抜。
ダメな要素も多分に感じますが,割と気になる作品ではあります。
問題は地元での上映がないということですね。
遠征してまで鑑賞するという類の作品ではなさそうなんだよなあ。

『ブロークンシティ』(10.19公開)
マーク・ウォールバーグとラッセル・クロウ主演によるクライム・サスペンス。
市長から妻の浮気調査を頼まれた私立探偵が巻き込まれる陰謀が描かれます。
先が読めなさそうな物語はそれなりに魅力的な感じ。
キャサリン・ゼタ・ジョーンズを含めた配役も大いに楽しみではあります。
現段階での上映は不透明でありますが,近くであれば鑑賞したいと思います。

『デッドマン・ダウン』(10.26公開 109名古屋)
コリン・ファレル主演によるサスペンス映画。
暗殺者の男と依頼者の女が窮地の中で惹かれあう姿が描かれます。
謎とスリルが交錯する展開ということで楽しみ。
重厚な銃撃戦にも期待が持てそうであります。

夏以降続いていた過剰なまでの映画供給が一段落。
今月は先月までと比べてかなり寂しい状況となっています。
絶対に鑑賞しないといけない映画に欠ける印象があります。
『マン・オブ・スティール』は最優先ではありますが後は似たり寄ったり。
『ロード・オブ・セイラム』と『天使の処刑人バイオレット&デイジー』も優先度は高めかな。
全国公開の映画に興味を惹かれるものが少ないので基本的には遠征になりそう。
11月はまた楽しみな作品が多い筈なので小休止といった感じですかね。
この機会にたまっている感想を少しでも多く書ければなあと思います。
何とか年末までには即時更新に切り替えていきたいものであります。
posted by 森山 樹 at 06:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞予定

2013年09月02日

2013年9月映画鑑賞予定

2013年9月の映画鑑賞予定は下記のとおり。

『風立ちぬ』(公開中)
相変わらず鑑賞出来ていません。
他に優先順位が高い作品が多いので結局見ない公算も大きいかな。
割と面白いという評判もあるのですけれど。

『ワールド・ウォーZ』(公開中)
なるべく早めに鑑賞したい作品のその一。
ゾンビ映画は嗜好上の理由から見逃したくないのですよね。
原作を読んだ人からの評価が低いのはちょっと気になるところ。

『ホワイトハウス・ダウン』(公開中)
ホワイトハウス襲撃を扱ったアクション映画。
なるべく早めに鑑賞したい作品のその二です。
『エンド・オブ・ホワイトハウス』との比較も面白そう。
評価は此方の方が低いように感じますが,どうなのかなあ。

『スター・トレック イントゥ・ダークネス』(公開中)
J.J.エイブラムス版〈スター・トレック〉第二弾。
なるべく早めに鑑賞したい作品のその三。
前作は結構面白かったので今回も期待しています。
存外に評判も悪くないので楽しみですねえ。

『ガッチャマン』(公開中)
いい評判を全く聞かない実写版『ガッチャマン』。
剥き出しの地雷には突撃する性向が刺激されてしまいます。
とは言え,他に見たい映画が多い現状では後回しかなあ。
原作との比較が出来かねるのが残念ではあります。

『マン・オブ・スティール』(公開中)
新訳〈スーパーマン〉とでも言えばいいのかな。
ザック・スナイダーとクリストファー・ノーランが関与しているので期待大。
聞こえてくる評判も上々の様です。
公開直後なので,とりあえずは後回しかなあ。
早めに鑑賞したい作品ではありますけれども。

『キャプテン・ハーロック』(09.07公開)
松本零士の同名の漫画をフルCGで映画化した作品。
ものすごく映画版『ファイナルファンタジー』を想起させて不安です。
ある意味でこれも剥き出しの地雷と言えそうな感じ。
原作は例によって分かりませんが,余力があれば観に行きます。

『ウルヴァリン:SAMURAI』(09.13公開)
〈X-MEN〉のウルヴァリンを主役に据えるシリーズの第二作目。
舞台が日本ということでいろいろな意味で期待しています。
他の作品との関連性もあり得るのかしら。
何はともあれ,最優先で鑑賞したい作品ではあります。

『エリジウム』(09.20公開)
『第九地区』のニール・ブロムカンプ監督の新作映画ということで期待大。
因みに主演はマット・デイモンが据えられています。
今回もSFアクション映画ということで素直に自分の好み。
これも絶対に鑑賞するべき映画でしょうね。
予告篇を見ている限りではあまり心に訴えるものがないのが不安ではありますが。

映画の日に『パシフィック・リム』(二回目)を鑑賞。
今回は3D吹替え版にしてみましたが,これが大当たり。
普段は字幕派ですが,こういう吹替えも偶には良いものであります。
それはともかく先月に引き続いて鑑賞したい映画は多いです。
というか,先月からの持ち越し分が多過ぎなのですよね。
『スター・トレック イントゥ・ダークネス』と『ワールド・ウォーZ』は絶対に鑑賞したい。
『ホワイトハウス・ダウン』もそれなりに好きな部類の作品であります。
『マン・オブ・スティール』も見逃せないよなあ。
9月からの公開では『ウルヴァリン:SAMURAI』が最優先。
『エリジウム』も逃してはならない作品であると言えましょう。
そうすると『ガッチャマン』と『キャプテン・ハーロック』は後回しにせざるを得ない感じ。
『風立ちぬ』も結局見ないままに終わってしまいそうな雰囲気です。
とりあえず鑑賞したい映画を最優先で観て行きたいと思います。
ネタ重視というのは控えて行かないとなあ。
posted by 森山 樹 at 06:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞予定

2013年08月04日

2013年8月映画鑑賞予定

2013年8月の映画鑑賞予定は下記のとおり。

『サイレントヒル:リベレーション』(公開中)
鑑賞済み。
ゲーム『サイレントヒル』を題材としたホラー映画。
悪くはないけれど,説明不足の点がかなり多かった印象。
前作を見ていないことの弊害と言えるかもしれません。
サイレントヒルに跋扈する異形の怪物の造形が素敵です。

『牙狼外伝 桃幻の笛』(公開中)
鑑賞済み。
邪美と烈花を主人公とする〈牙狼〉の外伝作品。
綺麗なお姉さんによる激しい戦闘場面は実に魅力的。
物語としては割合に単純なのは仕方がないところなのかな。
敵役の阿妓と麻妓の衣装が自分好みでありました。

『風立ちぬ』(公開中)
スタジオ・ジブリの最新作。
評価が二分しているというのが面白い。
余力があれば鑑賞したい映画ではありますね。
題材的にはそれ程食指がそそられるというほどでもないのですけれど。
まあ,でもやっぱり鑑賞してしまいそうだなあ。

『ローン・レンジャー』(08.02公開)
『パイレーツ・オブ・カリビアン』の主要スタッフ制作による西部劇アドベンチャー。
相変わらず,ジョニー・デップはいかれた格好がよく似合います。
恐らくはかなり自分好みの作品だし,予告篇も面白かった。
まず間違いなく鑑賞する映画でありましょう。
149分というのはこの手の映画では長過ぎる気もするけれどね。

『アイアン・フィスト』(08.03公開 ピカデリー)
19世紀の中国を舞台にしたカンフー・アクション映画。
クエンティン・タランティーノが制作に関わっているらしいです。
バイオレンス色が強めというのもその影響かもしれません。
ラッセル・クロウやルーシー・リューが出演と意外にキャストも豪華です。

『劇場版仮面ライダーウィザード』『劇場版獣電戦隊キョウリュウジャー』(08.03公開)
毎夏恒例の特撮番組の特別篇映画。
ここのところ,鑑賞している印象があります。
仮面ライダーウィザードはともかく獣電戦隊キョウリュウジャーはあまり見ていないのがなあ。
毎度のことながら脚本は期待出来ないのが辛いです。
余力があればといったところでしょうね。

『パシフィック・リム』(08.09公開)
ギレルモ・デル・トロ監督によるSFアクション映画。
深海から蘇った巨大怪獣と人類が操るロボットの対決というだけで期待が大きい。
此処まで趣味的という言葉が似合う作品もそうはないでしょう。
当然のことながら,この作品は絶対に鑑賞しないといけません。
予告篇を見たときから期待が高まる一方でございます。

『ワールド・ウォーZ』(08.10公開)
ブラッド・ピット主演による全世界パニック映画。
所謂ゾンビ映画の筈なのですが,予告篇では微塵も触れられていません。
極限状態での家族の絆を描く作品の様に見せかけるのは詐欺じゃないのかなあ。
ゾンビ映画だと人が入らないという判断なのかもしれませんが。
自分としてはかなり楽しみな作品ではあります。

『ホワイトハウス・ダウン』(08.16公開)
ローランド・エメリッヒ監督によるアクション映画。
先日公開の『エンド・オブ・ホワイトハウス』と同じ題材の作品ですね。
見比べてみるのも面白いかもしれません。
ホワイトハウスが占拠されるということが現実的になってきたということなのかしら。
いずれにせよ,それなりに楽しみな作品ではあります。

『エンド・オブ・ウォッチ』(08.17公開 109名古屋)
ロサンゼルスを舞台としたクライム・アクション映画。
犯罪組織の秘密に触れたふたりの警官の戦いが描かれます。
これがロサンゼルス市警の現実とはとても思い難いところではありますが。
平和な日本に住んでいるからこその感慨なのかもしれません。

『スター・トレック イントゥ・ダークネス』(08.23公開)
J.J.エイブラムス監督による〈スター・トレック〉第二弾。
過去作に思い入れがない身としては素直に期待をしています。
クリス・パインを始めとする主役陣の続投も素直に歓迎したいもの。
素晴らしい宇宙戦闘描写を楽しみにしています。

『ガッチャマン』(08.24公開)
1970年代のアニメ『ガッチャマン』の実写映画化。
アニメや漫画の実写映画はダメな雰囲気が漂っていて非常に好み。
今回も割合に剥き出しの地雷的な印象があります。
原作にそれ程思い入れがないのが残念ですが観に行く予定です。

『マン・オブ・スティール』(08.30公開)
スーパーマン誕生までの物語を紡ぐアクション映画。
クリストファー・ノーラン製作,ザック・スナイダー監督というのが魅力的。
但し,〈スーパーマン〉ってまともに見たことないのですよね。
普通のスーパーヒーロー映画として楽しむことになりそうです。

既に2本を鑑賞済み。
しかし,過去最高級に鑑賞したい映画が密集する一か月です。
『ローン・レンジャー』『パシフィック・リム』『スター・トレック イントゥ・ダークネス』は確定。
『ワールド・ウォーZ』と『ホワイトハウス・ダウン』も優先度は高め。
『ガッチャマン』と『マン・オブ・スティール』は来月送りにする公算が大きいなあ。
『アイアン・フィスト』も鑑賞したいのだけど名古屋まで遠征する余力があるかどうか。
『風立ちぬ』や『仮面ライダーウィザード』&『獣電戦隊キョウリュウジャー』は微妙です。
幸いなのは公開時期がそれなりにばらけているということ。
順序よく鑑賞することが出来れば見逃すことはなさそう。
問題は週末に予定が結構入っているので平日鑑賞を余儀なくされることですかね。
まあ,見逃すよりも断然よいのですけれども。
効率よく映画鑑賞を行って行きたいと思います。
posted by 森山 樹 at 11:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞予定

2013年07月07日

2013年7月映画鑑賞予定

2013年7月の映画鑑賞予定は下記のとおり。

『ファインド・アウト』(公開中)
鑑賞済み。
失踪した妹を探すアマンダ・サイフリッドを堪能する映画。
地味に面白かったけれど,ミステリィとしては強引な展開が気になります。
終盤の緊迫した雰囲気はかなり好みでした。
アマンダ・サイフリッド好きには十分楽しめる作品であります。

『スプリング・ブレイカーズ』(公開中)
鑑賞済み。
久々に此処まで酷い映画を見たなあと言う一定の満足感があります。
というか,まるで物語として成り立っていないのがダメすぎます。
頭の悪いアメリカ女性の生態を鑑賞しればいいんじゃないでしょうか。
全くお薦めいたしません。

『華麗なるギャツビー』(公開中)
F.スコット・フィッツジェラルドの『グレート・ギャツビー』の実写化映画。
予告篇のレオナルド・ディカプリオの胡乱な演技が実に魅力的でした。
1920年代のアメリカという舞台背景も素直に好み。
公開からだいぶん時間が経っているので早めに鑑賞したいものです。

『ワイルド・スピードEURO MISSION』(07.06公開)
〈ワイルド・スピード〉シリーズの第6作目。
今作は舞台をヨーロッパに移しています。
何と言っても,4作目で死亡した筈のミシェル・ロドリゲスの再登場に期待。
爽快感のある苛烈なカー・アクションを楽しみにしたいと思います。
勿論,絶対に鑑賞します。

『劇場版銀魂完結篇 万事屋よ永遠なれ』(07.06公開)
〈銀魂〉の劇場版第2作目。
原作者が書き下ろした劇場版完全独自の物語と言うのが楽しみ。
完結篇と銘打たれていますが,これはツッコミ待ちのネタ振りなのかなあ。
何はともあれ,存分に期待したいと思います。

『ダークスカイズ』(07.06公開 109名古屋)
『パラノーマル・アクティビティ』のジェイソン・ブラムが制作に名を連ねるホラー映画。
最近,ホラー映画成分が不足気味なので,可能ならば鑑賞したいもの。
近場では名古屋まで遠征しないといけないのが難点かなあ。
あまり過剰な期待は禁物に思えますけれども。

『サイレントヒル:リベレーション3D』(07.12公開)
ゲーム『サイレントヒル』を題材としたホラー映画。
制作陣が〈バイオハザード〉のメンバーと言うのが不安たっぷりです。
ゲームとしての方向性は全く違うのだけどね。
此方は割合に近場で上映するので鑑賞したいと思います。
問題は3D上映しかないってことなのだけどなあ。

『偽りの人生』(07.12公開 センチュリーシネマ)
ヴィゴ・モーテンセンが主演を務めるサスペンス映画。
一卵性双生児の兄と人生を入れ変わる弟という設定が非常に好み。
医師と闇社会の狭間で漂う人間模様が楽しみです。
名古屋まで鑑賞に行く価値があるかどうかが微妙なところですが。
余力があれば,といった塩梅でしょうか。

『風立ちぬ』(07.20公開)
宮崎駿監督のジブリ映画最新作。
ゼロ戦の設計者である堀越二郎をモデルにした作品とのことです。
題名の由来でもある作家・堀辰雄の印象もかなり加味されている模様。
予告篇を見る限りでは単純な娯楽映画というわけではなさそうな感じ。
精神的に余裕がある時に鑑賞出来ればなと思っています。

『牙狼外伝 桃幻の笛』(07.20公開 伏見ミリオン座)
ダーク・ファンタジィ特撮〈牙狼〉シリーズのスピンオフ作品。
『牙狼RED REQUIEM』の松山メアリが主人公を務めるというのは大きい。
『牙狼 蒼哭ノ魔竜』よりも此方の方が好みな気がしますね。
これも名古屋まで足を運ばねばなりません。
絶対に万難を排してでも鑑賞したいと思います。

既に2本鑑賞していますが,意外に楽しみ作品が多い一か月。
最優先は『ワイルド・スピードEURO MISSION』と『劇場版銀魂』。
更に『牙狼外伝 桃幻の笛』も絶対に見逃すことは出来ません。
『華麗なるギャツビー』と『風立ちぬ』も優先度は高め。
『サイレントヒル:リベレーション3D』もそれなりに鑑賞したいもの。
他の作品は余力があればと言うことになりそうです。
ただ,来月は来月で注目される作品が目白押しなのも事実。
何とか今月の公開分は今月中に鑑賞して置きたいと思っています。
名古屋まで行かないと鑑賞出来ない作品は厄介なのですけれどね。
鑑賞出来なかったことを公開せずに済むようにしたいと思います。
特に他地域と公開時期がずれる作品は見逃さないように注意をしないとなあ。
posted by 森山 樹 at 10:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞予定

2013年06月02日

2013年6月映画鑑賞予定

2013年6月の映画鑑賞予定は下記のとおり。

『オブリビオン』(公開中)
トム・クルーズ主演のSF映画。
半壊した地球が舞台と言うのが面白いです。
予告篇ではどういう風に転がる物語か予想できなかったのが素敵。
早めに鑑賞したい作品であります。
結局はトム・クルーズの映画だねと言うことにもなりかねませんが。

『グランド・マスター』(公開中)
中国拳法・詠春拳の達人である葉問を描いたアクション映画。
葉問はかのブルース・リーの師匠としても知られている存在です。
主演がトニー・レオンとチャン・ツィイーというのも好み。
20世紀初頭の中国を舞台とした達人のドラマを楽しみたいものです。

『イノセント・ガーデン』(伏見ミリオン座 公開中)
パク・チャヌク監督によるサスペンス・スリラー映画。
主演がミア・ワシコウスカというのが非常にポイントが高い。
ホラー要素を交えたサスペンスと言うことで内容的にも好みの筈。
問題は名古屋まで足を運ばないと公開がないってことかなあ。

『バレット』(ミッドランドシネマ 公開中)
シルヴェスター・スタローン主演のアクション映画。
多分いつも通りのスタローン映画のような気がします。
近場であればいいのだけど,名古屋まで行かなあかんかなあ。
余力があればといったところでしょうか。

『コレクター』(109名古屋 公開中)
1980年代に発生した猟奇殺人事件を題材にしたサイコ・スリラー映画。
愛娘を犯人に捕らわれた刑事の戦いが描かれます。
この種のスリラー映画はそれなりに好きなのですよね。
余力があれば鑑賞したいと思います。

『G.I.ジョー バック2リベンジ』(06.08公開)
2009年に公開された『G.I.ジョー』の続篇。
テロ組織により壊滅に追い込まれたG.I.ジョーの戦いが描かれます。
そのG.I.ジョーが助力を仰ぐのがブルース・ウィリスとのいうのが酷い。
今回も謎の超兵器が多数登場しそうで楽しみです。
基本的には馬鹿映画だと思うので絶対に観に行きます。

『エンド・オブ・ホワイトハウス』(06.08公開)
大統領を人質にしたテロリストと単身戦う男を描くアクション映画。
舞台が占拠されたホワイトハウスというのが熱い。
劇中ならばともかく実際に目の当たりにしたくない光景ではあります。
主演がジェラルド・バトラーというのも素敵。
近場での上映もありそうなので観に行くことになるかと思います。

『華麗なるギャツビー』(06.14公開)
F.スコット・フィッツジェラルドの『グレート・ギャツビー』の映画化作品。
快楽的な謎の大富豪ギャツビーを演じるのはレオナルド・ディカプリオ。
予告篇が実に楽しそうでありました。
原作は未読なので比較できないのが残念かなあ。

『ファインド・アウト』(センチュリーシネマ 06.15公開)
失踪事件に巻き込まれた女性の活躍を描くスリラー映画。
何よりも主演がアマンダ・サイフリッドということで観に行かないといけません。
物語そのものもそれなりに面白そう。
名古屋での上映というのが厳しいけれど時間を作りたいと思います。

『アフター・アース』(06.21公開)
人類が放棄して1000年後の地球を舞台としたサバイバル・アクション映画。
設定はかなり素敵なのにM.ナイト・シャマラン監督というだけで不安になってしまいます。
まあ,物語はともかく映像的に楽しめることが出来たらいいなあ。
近場での上映もありそうなので観に行くことになると思います。

『殺しのナンバー』(名古屋109 06.22公開)
情報機関が諜報員に秘密指令を与える暗号放送を題材にしたサスペンス映画。
巨大な陰謀に巻き込まれるCIA諜報員の活躍が描かれます。
この種のスパイ映画は大好きなので観に行きたいもの。
ただ,これも名古屋での上映なんだよなあ。

本数はそれなりあるけれど,どうしても見たいという映画は多くないなあ。
一番の期待はやはり『G.I.ジョー バック2リベンジ』でしょう。
今回も驚愕の超兵器満載の馬鹿映画であることを楽しみにしています。
完全にブルース・ウィリスの独り舞台と言う気もするけどね。
次いで『オブリビオン』と『グランド・マスター』かなあ。
どちらも既に上映が始まっているので早めに鑑賞したいと思います。
綺麗どころが魅力の『イノセント・ガーデン』と『ファインド・アウト』も優先度高め。
ミア・ワシコウスカもアマンダ・サイフリッドもたまらなく大好きな女優です。
『華麗なるギャツビー』と『エンド・オブ・ホワイトハウス』も観に行くでしょうね。
『アフター・アース』は不安の方が先に立ってしまいますけれども。
お仕事の忙しさの合間に効率よく鑑賞しようと思います。
5〜6本は最低でも見たいところであります。
posted by 森山 樹 at 15:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞予定

2013年05月05日

2013年5月映画鑑賞予定

2013年5月の映画鑑賞予定は下記のとおり。

『ラストスタンド』(公開中)
鑑賞済み。
如何にもアーノルド・シュワルツェネッガーらしい作品でありました。
予想以上に期待通りの作品で大満足。
この手のアクション映画が好きなら存分に楽しめると思います。
ちょっと血飛沫が過剰にも思えたけどね。

『仮面ライダー×スーパー戦隊×宇宙刑事 スーパーヒーロー大戦Z』(公開中)
鑑賞済み。
楽しめなかったわけではないけれど,物語が微妙過ぎます。
というか,宇宙刑事ギャバンと銀河連邦警察の描かれ方が酷い。
戦隊側の主人公が実質ゴーカイシルバーとイエローバスターというのが面白いです。
次はキカイダーが出るっぽいけれど,上手に使えるかどうかは疑問ですね。

『ジャッキー・コーガン』(公開中)
ブラッド・ピット主演によるクライム・サスペンス映画。
あまり評判を聞かないけれど,話題になっているわけではないのかな。
近場での上映もあるので一応は鑑賞予定。
それ程,大きな期待はしない方がいいのかもしれません。

『L.A.ギャングストーリー』(05.03公開)
ロサンゼルス市警とギャング団との死闘を描くサスペンス映画。
これはかなり面白そうな雰囲気。
まあ,ロサンゼルス市警もギャングと大差ないように思えるのも気のせいかな。
存外に評判がいいので楽しみにしています。

『探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点』(05.11公開)
東直己原作の〈ススキノ探偵〉シリーズの映画化第2作目。
前作が期待以上に面白かったので今回も楽しみにしています。
大泉洋と松田龍平が原作の雰囲気に非常にあっているのですよね。
原作である『探偵はひとりぼっち』は勿論既読。
前作同様に面白いといいなあ。

『ロイヤル・アフェア 愛と欲望の王宮』(05.11公開 名演小劇場)
18世紀のデンマーク王室を舞台とした宮廷恋愛映画。
如何にも名演小劇場で上映しそうな映画だなあと思います。
歴史映画好きとしては心惹かれるのも事実。
名古屋での上映なので余力があればといったところではありますけれど。

『モネ・ゲーム』(05.17公開 伏見ミリオン座)
1966年公開のクライム・コメディ映画『泥棒貴族』のリメイク作品。
まあ,元の作品は全く知らないのですけれども。
自分好みのジャンルなので多分それなりには楽しめる筈。
コリン・ファースとキャメロン・ディアスの競演というのもいいですね。
問題は名古屋まで足を運ばねばならいということかなあ。

『ポゼッション』(05.25公開 109名古屋)
サム・ライミにプロデュースによるホラー映画。
都市伝説を元にした作品ということみたいです。
それなりに好みの部類ではあるのかな。
名古屋での上映なので機会があればということになりそうですが。

『オブリビオン』(05.31公開)
トム・クルーズ主演のSF映画。
異星人の襲撃により半壊した地球が舞台という設定が既に好み。
主演が主演だけに,トム・クルーズ格好いい,で終わって欲しくないものです。
絶対に鑑賞することになるでしょう。
物語の方向性が見えないのもまた魅力的だよね。

既に2本鑑賞済みですが,GW中にもう1本くらいは観ておきたい。
まさにゴールデンウィークという言葉通りの今年の過ごし方であります。
候補としては『L.A.ギャングストーリー』かなあ。
楽しみなのは『探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点』。
日本映画を楽しみにするというのは我ながらかなりの例外であります。
少なくとも前作級には楽しめる映画であって欲しいところ。
次いで『オブリビオン』かなあ。
公開時期が公開時期なので来月回しになる公算も大きいのですけれど。
『ポゼッション』と『モネ・ゲーム』もそれなりに楽しめそう。
名古屋への遠征をする余力があるかどうかが鍵となりそうです。
今月はライヴが多いだけに他の用事で名古屋に行く余裕がなさそうなのですよね。
4月があまり映画鑑賞出来なかったので,5月は調子を取り戻したいものです。
感想を書きたい映画もたまっているのだけどなあ。
此方はお仕事の都合に左右されてしまいそうです。
posted by 森山 樹 at 10:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞予定