2014年01月16日

2013年のベスト

2013年に観賞した映画の中で特に印象に残った作品を10作選んでみました。
なお,序列は付ける気はありません。

・清須会議
清須会議という歴史上の転機となった事件を描いた時代劇。
戦国の世を舞台としながら合戦を全く取り上げないのが面白い。
やや演出過多な印象はありますが,それが鼻につかないのは上手いなあ。
大泉洋の羽柴秀吉は大変はまり役に思えました。

・ゼロ・グラヴィティ
衛星軌道上での重力に翻弄される宇宙飛行士の姿を描いたSF作品。
物語としては陳腐ながらもその美しく過酷な宇宙描写が秀逸。
これこそ劇場で,3Dで見るべき映画でありましょう。
題名は原題の「GRAVITY」のほうが相応しかったように思います。

・サカサマのパテマ
重力が反転した少女との出逢いと冒険を描いたSFアニメーション映画。
あまりにも素敵なボーイ・ミーツ・ガールでありました。
特にヒロインであるパテマの可愛らしさは異常。
世界が小さすぎるきらいはありますが,過不足なくまとまった作品に思えます。

・武器人間
悪趣味系モキュメンタリー映画。
物語としての悪趣味感も然ることながら登場する武器人間の造形が大変素敵。
武器人間を創造した博士の素性が明かされたときに思わず感心してしまいました。
この手の頭悪い悪趣味映画好きには全くたまらない映画であります。

・パシフィック・リム
海底深くから出現したカイジューと人類との死闘を描くSF映画。
人間が搭乗する巨大ロボットと深海からのカイジューの激闘はあまりにも趣味的。
お約束の続く燃える展開が満載でたまりません。
この作品に限って言えば,吹き替えのほうが雰囲気が出ているように思います。

・タイピスト!
1950年代のフランスを舞台としたスポ根シンデレラ・ストーリー。
但し,題材となるのがスポーツではなくタイプライター早打ちというのが面白い。
物語としては王道のロマンティックなコメディ作品に仕上がっています。
こういう万人向けに楽しめる映画というのも得難いものでありますね。

・劇場版銀魂完結篇
“完結篇”と銘打たれた〈TVアニメ版銀魂〉の劇場版第二作目。
なんとなく更なる次回作がありそうなのは気のせいかなあ。
いつもどおりに悪質な笑いと素敵な人情劇が楽しめる作品であります。
登場人物が多いので仕方ないけれど,好きなキャラが出なかったのは残念かな。

・レ・ミゼラブル
ヴィクトル・ユーゴーの小説を原作としたミュージカル映画。
登場人物たちが織り成す素晴らしい歌唱に圧倒されました。
アン・ハサウェイやアマンダ・サイフリッドが主演しているのも実に嬉しい。
この物語を改めて大好きなのだなあということを再確認しました。

・TED/テッド
中年親父化したテディベアと大人になれない男の友情を描いた作品。
やたらと『フラッシュ・ゴードン』を押していたのが面白かった。
物語としては王道なのだけど,それがまた実に良いのです。
下品な笑いが満載だけど,何処か泣けてしまうというバランスの良さが素敵でした。

・ホビット 思いがけない冒険
『ロード・オブ・ザ・リング』こと『指輪物語』の前日譚を描く三部作の第一作目。
〈ホビットの冒険〉を如何に三部作に描くのか興味があります。
相変わらず,中つ国の雰囲気はたまらないものがありますね。
ホビットやドワーフ,オークら異種族の描写も実に素晴らしいです。
posted by 森山 樹 at 06:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑文

2014年01月11日

2013年の反省と2014年の抱負

 鑑賞した映画は過去最高の68本。前年よりも更に14本増加しました。流石にこれくらいが限度な気はしますけれどね。個人的な趣味から単館系の映画を観賞する機会が増えた気がします。また,2度劇場に足を運んだ作品も3本ありました。これもまた自分としては初めての出来事であります。因みに68本のうちで国産映画は全部で17本。その殆どがアニメと特撮であります。このあたりはれに念通りの傾向と言えましょう。相変わらず,国産映画にはあまり興味を持つことが出来ません。

 感想は全部で46本書きました。自分では結構頑張ったつもりですが,それでも積み残しがかなり出来てしまっているのは痛恨事。今年こそは観賞後直ぐに即時更新を行いたいと思います。感動が薄れる前に書いてしまわないと勿体ないのですよね。勿論,時間が経ってこそ書ける感想もあるのでしょうけれども。

 今年の目標も引き続き興味を持った映画を積極に観賞すること。そして,観賞した映画は直ちに感想を書くこと。これに尽きます。また,未だに映画経験値の低さは自覚するところなので観賞する枠を広げていきたいという意思はあります。本数はそれほど意識しませんが,一週間に一本程度は観賞したいものです。50本見られればいいかなといった感じ。なにはともあれ,素敵な映画に数多く出逢いたいものであります。

 追記。今年から新たな試みとして「2013年のベスト」的な記事を書こうと思います。此方も近日中に。序列をつけるのは好みではありませんので,印象に残った作品を並列的に取り上げる形になるでしょう。
posted by 森山 樹 at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑文

2013年01月11日

2012年の反省と2013年の抱負

 鑑賞した映画は過去最高の54本。遂に一週間に1本という頻度を超えてしまいました。流石にこれだけ観れば,かなりの満足度があります。それでもなお見逃した映画が多々あるのは今後の課題。特に単館系映画は名古屋まで遠征しないといけない為,見逃すことが多くなってしまいます。なお,鑑賞した映画のうち邦画は11本。その殆どが特撮とアニメというのが何とも。残りの作品も漫画を原作とする映画ばかりですね。個人的にはやはり純然たる邦画には苦手感を抱いてしまいます。面白い作品もあるとは思うのですけどね。また,中国映画は一本も観なかったなあ。本数は増えたけれど,枠は狭まったというべきかもしれません。

 印象に残った作品は多々ありますが『アイアン・スカイ』の楽しさは特筆もの。馬鹿映画なのだけど,きちんと物語が成立しているのが素晴らしかった。単なる馬鹿映画の範疇には収まらない作品です。結局は馬鹿映画なんだけどね。『アベンジャーズ』と『ダークナイト・ライジング』もかなり強烈な印象を受けた作品。『アベンジャーズ』はお祭り映画として素直に楽しむことが出来ました。『ダークナイト・ライジング』は前作『ダークナイト』には及ばぬまでも優れた娯楽映画だったと思います。自分はこのシリーズで初めてバットマンに触れたのですが,これが今後の自分の中でのバットマン像の基準になっていくのでしょう。後は『バトルシップ』や『ダーク・シャドウ』,『シャーロック・ホームズ シャドウゲーム』あたりもお気に入り。また,『宇宙人ポール』も楽しかったなあ。サイモン・ペグとニック・フロストの主演映画は鉄板過ぎます。早く次の作品が観たいもの。邦画では『テルマエ・ロマエ』,『るろうに剣心』,『天地明察』と漫画を原作にした実写映画が案外に面白かった。特に『テルマエ・ロマエ』は過度な演出以外は満足のいく作品でした。上戸彩が可愛かったね。特撮・アニメでは『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』と『花の詩女ゴティックメード』がたまらない出来。『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』は全く予想できない展開が魅力的でした。完結篇となる次作で如何なる決着を見るのか期待せずにはいられません。また,まさかの『宇宙刑事ギャバン』も物語は陳腐でしたが,その存在自体が感涙もの。幼き日に出逢ったヒーローとの再会は嬉しいものです。

 今年の目標はやはり鑑賞したい映画をきちんと鑑賞することに尽きます。そして,昨年は殆ど書けなかった感想をきちんと書きあげること。また,映画経験値の低さは相変わらず自覚するところでありますので,少しでも多く,少しでも広い分野の映画を積極的に鑑賞しようと思います。自分には縁がないと思う分野の作品でも意外に嵌ったりするものなのですよね。本数はそれ程意識はしませんが,昨年並みに観られたらいうことはないなあ。素敵な映画生活が送れれば,それが一番ではあります。
posted by 森山 樹 at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑文

2012年01月07日

2011年の反省と2012年の抱負

 鑑賞した映画は前年の44本を下回る38本。それなりに観たなあという印象ですが,結構見逃した作品が多かったのが残念。特に単館系の映画は名古屋まで出向かなければならないのが難点です。絶対に観たい映画であれば,それでも行くのですけれどね。ちなみに邦画は僅かに5本で,その内3本はアニメーション作品でした。2010年は邦画を15本見ていたのですけれどねえ。もともと洋画志向の強い自分ですが,更にその傾向が強まったように思います。なお,中国映画は2本鑑賞。邦画よりも此方の方が趣味だったりします。

 個人的に特に印象に残った作品は『英国王のスピーチ』かなあ。もともと歴史に題材を採った作品は大好きですしね。期待以上に楽しませてくれた『三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』も良かったです。外連味溢れる展開は望むところ。『探偵はBARにいる』も結構自分好みでした。物語はともかく原作の雰囲気を醸し出していた大泉洋が素晴らしかった。昨年妙に目立った宇宙からの侵略ものでは『SUPER 8』かなあ。アメリカ海兵隊のPVと思えば,『世界侵略:ロサンゼルス決戦』も良い出来でした。ミシェル・ロドリゲスも出演していますしね。『キック・アス』と『RED/レッド』は素直に楽しい娯楽映画。女優では『赤ずきん』のアマンダ・サイフリッドの美貌にすっかり魅了されてしまいました。本当に美しい人ですよね。悪い意味で印象に残ったのは『エンジェル・ウォーズ』に尽きます。下手に物語を難しくする必要はなかったですね。金髪女子高生が侍型ロボットやドラゴンと戦うという絵柄だけで良かったのに。凝り過ぎて失敗した感が否めません。

 今年の目標は観たい映画を逃さず鑑賞すること。単純ですが案外難しかったりします。そして,鑑賞した映画の感想はなるべく早めに書くことを自分に課します。ここ数年鑑賞する映画は増えていますが,それでも自分の映画経験値はまだまだ低いだけに様々な種類の映画に積極的に触れるというのもひとつの目標。何はともあれ,今年も素晴らしい映画を楽しむことが出来れば,それが一番です。その為にも情報蒐集を怠らず,自分好みの映画を鑑賞しようと思います。
posted by 森山 樹 at 17:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑文

2012年01月05日

2011年下半期回顧録

〈2011年下半期に鑑賞した映画〉
マイティ・ソー
SUPER 8
アイ・アム・ナンバー4
デビルクエスト
モンスターズ/地球外生命体
シャンハイ
レイン・オブ・アサシン
グリーン・ランタン
探偵はBARにいる
ワイルドスピードMEGA MAX
世界侵略:ロサンゼルス決戦
コクリコ坂から
三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船
カウボーイ&エイリアン
キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アヴェンジャー
機動戦士ガンダムUC episode4
インモータルズ
ミッション・インポッシブル:ゴースト・プロトコル

続きを読む
posted by 森山 樹 at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑文

2011年07月03日

2011年上半期回顧録

〈2011年上半期に鑑賞した映画〉
キック・アス
スプライス
RED/レッド
グリーン・ホーネット
ザ・タウン
パラノーマル・アクティヴィティ2
機動戦士ガンダムUC episode3
ナルニア国物語第3章/アスラン王と魔法の島
ツーリスト
英国王のスピーチ
エンジェル・ウォーズ
ザ・ライト
ガリバー旅行記
スコット・ピルグリムVS邪悪な元カレ軍団
アンノウン
パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉
処刑剣14BLADES
X-MEN:ファースト・ジェネレーション
プリンセス・トヨトミ
赤ずきん

続きを読む
posted by 森山 樹 at 19:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑文

2011年01月07日

2010年の反省と2011年の抱負

 2007年が5本,2008年が11本,2009年が22本と来て,2010年は鑑賞した映画が44本となりました。毎年倍増している計算になります。しかし,本当によく見たものだ。すっかり映画を見ることが習慣となった感があります。それだけ,2010年は見たい映画が多かったということもあるのでしょうけれど。ただ,流石に限界に近い印象はあります。出来れば,50本見たいなとは思いますが,昨年並みに見られれば充分でしょう。無理をして興味の湧かない映画を見る気はありません。

 鑑賞した映画の分析は後日行うとして,特に印象に残った映画は『第9地区』。あれは本当に面白かった。『インセプション』も楽しめたのですが,この作品を真に楽しむには自分の映画経験値が低すぎる気がします。時間を置いて再度鑑賞したいと思っています。他に楽しめた作品は『特攻野郎Aチーム』や『プレデターズ』など。勿論,その筋の人間としては『エクスペンダブルズ』や『マチェーテ』も堪能しました。冷静に考えれば酷い映画ですが,そこがまた愛おしいのです。邦画では『書道ガールズ』と『時をかける少女』が好き。話題になった『告白』は結局観に行けませんでしたね。また,『劇場版銀魂』や『涼宮ハルヒの消失』,『借り暮らしのアリエッティ』,『劇場版“文学少女”』とアニメも結構行っている気がします。TVアニメはあまり見る気がしないのに劇場版だと観たくなるのが不思議です。

 今年の目標は上述のように年間50本を見ること。そして,昨年同様に鑑賞直後に感想を書くことを心がけたいと思います。それから映画経験値の絶対的な不足は否めませんので,少しずつ鑑賞する映画の幅を広げていきたいなと思っています。今までに触れていない過去の名作も観たいものですが,そこまで時間があるかどうか。何はともあれ,今年も充実した映画鑑賞生活が送れることを願っています。
posted by 森山 樹 at 07:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑文

2010年10月03日

よく利用する映画館

 「暁に,死す」のミハイル暁さんとこの記事に触発された記事です。大元は破壊屋さんの「シネコン各社サービス比較表」ということになるのかな。首都圏のシネコンのサービスが比較されていて面白いです。全国一律のサービスじゃなかったことを初めて知りました。
 東海地区(三重県)在住の自分が良く利用する映画館は下記のような感じ。

続きを読む
posted by 森山 樹 at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑文

2010年01月09日

2009年の反省と2010年の抱負

 昨年は過去最高となる22本の映画を鑑賞することが出来ました。月2本の目標は達成できなかったものの素直に満足のいく数字ではあります。今年もこのままの勢いを保って数字を伸ばしたいところ。30本見られれば最高なのですが,とりあえずは二週間に1本の頻度を目指したいと思います。問題はそれだけ見たいと思えるような映画があるかということですね。鑑賞する映画の幅も少しずつ広げてはいきたいと思っています。いずれにしても洋画偏重という傾向に変わりはなさそうではありますけれど。

 2009年に鑑賞した映画の中で特に心に残った作品は『サマーウォーズ』『人生に乾杯!』『GOEMON』『ヤッターマン』など。妙に邦画作品を楽しんだように思います。逆の意味で心に残ったのは『ドラゴンボール:エボリューション』。ネタ的な意味以外では全く楽しめない,2009年随一のダメな映画でした。洋画では『スタートレック』や『G.I.ジョー』も面白かったのですが,それでも『人生に乾杯!』には敵わないですね。邦画ではやはり原作への愛情が感じられる『ヤッターマン』が一番かなあ。巷では評判の悪い『GOEMON』は個人的に結構楽しめました。あの頭の悪い演出は大いに称賛されるべきだと思っています。

 2010年の映画始めは『アバター』か『のだめカンタービレ最終楽章 前篇』のどちらかになる予定です。昨年から感想を積み残している『Disney’s クリスマスキャロル』,『つむじ風食堂の夜』,『THE 4TH KIND』もなるべく早めに書きあげておきたいところです。春先に公開が予定されている『アリス・イン・ワンダーランド』と『シャーロック・ホームズ』にも大いに期待。大好きな原作だけに如何なる映画化が為されているかに注目しています。
posted by 森山 樹 at 11:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑文