2013年11月21日

ローン・レンジャー

〈2013年映画感想39本目〉


ローン・レンジャー

THE LONE RANGER
2013年 アメリカ 149分
監督:ゴア・ヴァービンスキー
配給:ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ
出演:アーミー・ハマー,ジョニー・デップ,トム・ウィルキンソン,ルース・ウィルソン,ヘレナ・ボナム=カーター,ウィリアム・フィクナー,ジェームズ・バッジデール

 かつての人気ラジオドラマ,テレビドラマを原作とした西部劇アクションです。覆面をした孤高のヒーロー・ローンレンジャーとインディアンの呪い師トントの活躍が描かれます。というよりも,内容としては殆どローン・レンジャーの誕生譚といった意味合いの方が強いかな。正義感に満ちた検事のジョン・リードが悪漢ブッチとの戦いを経て悪と戦う無法者ローン・レンジャーとしての新たな旅立ちを迎えるまでが語られます。このあたりは定番と言えば定番ですが,王道であるが故の面白さがあるのも確かなこと。但し,序盤から中盤にかけて冗長な展開が続くことにはちょっと閉口しました。その代わりに最終盤での荒野を行く列車上での激闘は素晴らしく楽しかった。細かな笑いを挟みながらの悪党との息を吐かせぬ戦いは本作最大の見所でありましょう。トントを演じるのはジョニー・デップ。同じゴア・ヴァービンスキー監督による〈パイレーツ・オブ・カリビアン〉同様に茶目っ気のある魅力的な変人を実に楽しげに演じている姿が印象的でありました。この手の役回りをさせたら当代一といっても過言ではないのでしょう。彼に振り回されるジョン・リード役はアーミー・ハマーですが,此方は印象が薄い。生真面目な巻き込まれ型なので仕方がない部分はありますけれどね。個人的にはローン・レンジャーたちに協力する酒宿の女主人レッドを演じたヘレナ・ボナム=カーターがお気に入り。此方も派手で下品な格好させると映えますね。西部劇の様式美を現代風に生かした雰囲気は素直に好み。物語も意外性には欠けるものの悪くはありません。間延びした展開が興を削いだのは残念でありましたが,その分最終盤の疾走感に満ちた展開は大変楽しめた作品であります。
posted by 森山 樹 at 08:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 感想(映画館)

2013年11月18日

パシフィック・リム

〈2013年映画感想38本目〉


パシフィック・リム
PACIFIC RIM
2013年 アメリカ 132分
監督:ギレルモ・デル・トロ
脚本:トラヴィス・ビーチャム,ギレルモ・デル・トロ
配給:ワーナー・ブラザーズ
出演:チャーリー・ハナム,菊地凛子,イドリス・エルバ,チャーリー・デイ,ロバート・カジンスキー,マックス・マルティーニ,ロン・パールマン,芦田愛菜,バーン・ゴーマン,クリフトン・ゴリンズ・Jr

 ギレルモ・デル・トロ監督がその趣味の全てを全面的に押し出して製作したSF怪獣映画です。何と言うか,趣味が直撃する層にはたまらない映画でありましょう。無論,自分もその層の一員であります。深海の裂け目から外宇宙からの侵略者が送りこんだカイジューが出現するという設定は何処かH.P.ラヴクラフトの〈クトゥルー神話〉を想起させるもの。そのカイジューの攻撃に対抗する為に二足歩行の人型巨大兵器イェーガーをもって人類は対抗することになります。即ち,巨大ロボットと巨大怪獣が人類の存亡をかけて戦うというあまりに趣味的な物語が素晴らし過ぎます。カイジューやイェーガーの意匠も素敵に格好いい。劇中は暗い場面が続き,且つイェーガーとカイジューの戦いが激し過ぎる為に落ち着いてその意匠を楽しめないのはやや残念でありました。自己犠牲的な作戦により人類の滅亡を阻止するというのも個人的にはあまり好みではないかなあ。王道だし,確かに燃えることは燃えるのだけれどもね。それよりも主人公のローリーが機知と度胸で常に生きる為の施策も模索する姿の方に美しさを感じました。登場人物はいずれも好みなのですが特に好きなのがニュートとハーマンの科学者ふたり。喜劇的な立ち位置の彼らの活躍がカイジューの侵略を阻止する劇的な案を生み出したというのが格好いい。ヒロインである森マコ役の菊地凛子も見せ場は充分。敢えてたどたどしく日本語を話す理由が切ないです。香港の闇商人ハンニバル・チャウの胡乱な格好良さもたまらないよなあ。イェーガーの操縦者よりもこういった脇役の存在感が素敵でありました。何はともあれ,劇場へ二度も足を運ぶほどにお気に入りの作品であります。このような素晴らしい作品を楽しめることを感謝したいもの。続篇の制作も大いに期待したいものであります。字幕版も吹替版も共に素晴らしい出来でありましたが,今作に限って言えば吹替版のほうが楽しめたように思います。心底絶賛出来る作品でありました。
posted by 森山 樹 at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 感想(映画館)

2013年11月17日

劇場版仮面ライダーウィザード

〈2013年映画感想37本目〉


劇場版仮面ライダーウィザード
2013年 日本 62分
監督:中澤祥次郎
脚本:香村純子
配給:東映
出演:白石隼也,奥仲真琴,戸塚純貴,高山侑子,永瀬匡,小倉久寛,忍成修吾,陣内孝則

 9月までTV放映されていた特撮番組『仮面ライダーウィザード』の劇場版作品です。今作はあくまでも『仮面ライダーウィザード』の劇場版ということで他の特撮番組からの客演がないのは素直に嬉しい。やはり,『仮面ライダーウィザード』は『仮面ライダーウィザード』としての単独作品で楽しみたいのです。お祭り作品としての〈仮面ライダー〉や〈スーパー戦隊〉との交流を否定するわけではないですけれどね。劇場版ということで普段の戦いとは異なり,住民全てが魔力を有する並行世界が今作の舞台となります。本篇では変身する機会のなかった瞬平や凛子が仮面ライダーに変身するのは素直に楽しい。その一方で晴人と共に元の世界から並行世界に迷い込んだコヨミは変身しないのは残念でありました。また劇場版独自の仮面ライダーとして仮面ライダーソーサラーが登場。陣内孝則演じるオーマ大臣の不穏な演技と相まって不気味な存在感を漂わせています。勿論,仮面ライダービーストも登場。本篇とはまた違った立ち位置で楽しませてくれるのが嬉しい。ファントム側ではメデューサ,フェニックス,グレムリンが登場しますが端役止まりといった印象は否めず。尤も,久々に姿を見せたフェニックスが懐かしく思えました。物語としては可もなく不可もなくといった印象かなあ。魔力に欠けるマヤ大王の悩みに付け込んだオーマ大臣の野心という軸も含めて王道展開であります。全てが丸く収まった結末は素直に好みかな。あくまでも番外篇という本来の立ち位置である劇場版に相応しい作品でありました。
posted by 森山 樹 at 10:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 感想(映画館)

2013年11月16日

劇場版獣電戦隊キョウリュウジャー

〈2013年映画感想36本目〉


劇場版獣電戦隊キョウリュウジャー
2013年 日本 29分
監督:坂本浩一
脚本:三条陸
配給:東映
出演:竜星涼,斉藤秀翼,金城大和,塩野瑛久,今野鮎莉,丸山敦史,中村静香,桃瀬美咲佃井皆美,森川智之,菅生隆之,戸松遙,宮野真守,折笠愛

 現在放映中の特撮TV番組『獣電戦隊キョウリュウジャー』の劇場版作品です。最近は他の〈スーパー戦隊〉や或いは〈仮面ライダー〉,〈メタルヒーロー〉との共演作品が多かったので単独の〈スーパー戦隊〉による映画はかえって新鮮に思えました。共演作品はどうしても個々の〈スーパー戦隊〉や〈仮面ライダー〉に当てられる焦点が少なくなってしまうので,印象が暈けてしまうことが多いのですよね。お祭り作品としてならば問題はないのでしょうけれど,多用されると食傷気味になってしまいます。本作はいつも通りの〈スーパー戦隊〉作品に仕上がっています。尺が短いので,TV放映される通常版をやや拡大した形と言えばよいのでしょうか。悪のキョウリュウジャーとも言えるデスリュウジャーの登場もあり,なかなか楽しめました。ただ,如何せん『獣電戦隊キョウリュウジャー』のノリ自体が自分には厳しいものがあるのですよね。子供向けの番組を楽しませて貰っている立場ですから,特に不満はないのですけれども。なお,そのデスリュウジャーの配下として戦うレムネアとアーシーのディノガールズはなかなか魅力的でありました。また,ヒロインである天野美琴とキョウリュウレッドこと桐生ダイゴとの仄かな浪漫も印象的。そして,この劇場版のお話が後に本篇にも関わってくるというのが面白かったです。その意味でも正統派の劇場版と言えるのではないでしょうか。まあ,物語的には薄いけどね。時間を考えれば仕方ないところでありましょう。
posted by 森山 樹 at 19:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 感想(映画館)

2013年11月13日

牙狼外伝 桃幻の笛

〈2013年映画感想35本目〉


牙狼外伝 桃幻の笛
2013年 日本 61分
監督:大橋明
脚本:雨宮慶太,藤平久子
配給:東北新社
出演:佐藤康恵,松山メアリ,津田寛治,瀧内公美,大野未来,柴本優澄美,倉貫匡弘,高橋ひとみ

 特撮TV番組〈牙狼〉のスピンオフ作品の第2作目。本篇である『牙狼』のTV版は全く見ていないのですが,劇場版は『呀−KIBA−〜暗黒騎士鎧伝〜』以外は欠かさずに鑑賞しています。特に今作は『牙狼 RED REQUIEM』で印象的な活躍を見せた女魔戒法師の烈花が主人公のひとりというのが嬉しい。同じく女魔戒法師の邪美と共に桃幻の笛を巡る戦いに巻き込まれます。烈花を演じる松山メアリの魅力は相変わらず素晴らしい。今作はアクション場面が主体のドラマ作りという構想に基づいている為にほぼ全篇に渡って美女たちによる戦いが繰り広げられます。女性ならではの華やかさと艶やかさ,そして凛々しさに心惹かれてなりません。邪美と烈花と共に場面を彩る阿妓と麻妓の存在もなかなかに印象的。特に阿妓を演じた瀧内公美はかなり好みですね。ゴシック・ロリータ調の衣装をまとった麻妓役の大野未来も悪くなかったかなあ。但し,アクション場面はかなり楽しめたにも関わらず物語としてはやや面白さに欠けた印象は否めません。『牙狼 蒼哭ノ魔竜』でも同様に感じたのですが,やはり個人的には『牙狼 RED REQUIEM』の様に街を舞台とした作品のほうがより映えると思うのですよね。尺もそれ程長くない作品なので仕方のない部分はありますが,もう少し物語も凝って欲しかったなという感慨はあります。烈花の関係者であるケンギやシグトの登場は良かったけれどね。更にスピンオフ作品を続けるのであれば,物語性も重要視して欲しいなあと思いました。尤も〈牙狼〉好きとしてはそれなりに満足の作品ではあります。
posted by 森山 樹 at 20:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 感想(映画館)

2013年11月10日

サイレントヒル:リベレーション

〈2013年映画感想34本目〉


サイレントヒル:リベレーション
SILENT HILL: REVELATION
2012年 カナダ/フランス/アメリカ 94分
監督:マイケル・J・バセット
脚本:マイケル・J・バセット
配給:オープン・ロード・フィルムズ/ライオンズゲート/プレシディオ
出演:アデレイド・クレメンス,キット・ハリントン,ショーン・ビーン,キャリー=アン・モス,マルコム・マクダウェル,マーティン・ドノヴァン,ラダ・ミッチェル,デボラ・カーラ・アンガー

 同名のゲームを原作としたホラー映画の第2作目。原作ゲームは殆ど遊んだことがない上に映画版の前作も鑑賞していないので,いまいち設定が分からない部分があったのは残念。但し,同じ系統に位置するであろう『バイオハザード』よりもホラー映画色が強かったのは嬉しかった。『バイオハザード』は『バイオハザード』で大好きな作品ではあるのですけれどね。日常に忍びよる非日常の影,そしてサイレントヒルでの奇怪な冒険はホラー映画の常套として素直に楽しみました。結構な重要人物かなあと思っていた私立探偵ダグラス・カートランドが序盤であっさりと退場したのは少し唖然としましたけれど。主人公である少女ヘザー・メイソンと冒険を共にする少年ヴィンセント・スミスとの因縁も王道として楽しい。葛藤せざるを得ない恋というのはやはり娯楽の定番かと思われます。物語としては前作を鑑賞していないと説明不足に思える点があるのは残念。但し,特にサイレントヒルの跋扈する異形の造型は非常に好みでありました。マネキン・モンスターの生理的嫌悪感は秀逸。レッド・ピラミッドとミショナリーによる異形同士の戦いも見応えがありました。異界に取り残された妻ローズを取り戻す為にサイレントヒルに留まる決断をしたハリーも素敵。原作の雰囲気を云々言うことは自分には出来かねますが,一個のホラー映画としては素直に楽しめる作品であったかと思います。前作も機会があれば鑑賞するつもりです。
posted by 森山 樹 at 12:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 感想(映画館)

2013年11月08日

ワイルド・スピードEURO MISSION

〈2013年映画感想33本目〉


ワイルド・スピードEURO MISSION
FAST&FURIOUS 6
2013年 アメリカ 130分
監督:ジャスティン・リン
脚本:クリス・モーガン
配給:ユニバーサル・ピクチャーズ/東宝東和
出演:ヴァン・ディーゼル,ポール・ウォーカー,ジューダナ・ブリュースター,ミシェル・ロドリゲス,ドウェイン・ジョンソン,サン・カン,ガル・ガドット,エルサ・パタキー,ルーク・エヴァンス,ジーナ・カラーノ

 過激なカー・チェイスを主軸としたアクション映画〈ワイルド・スピード〉シリーズの第6作目。舞台を欧州に移し,ドミニク・トレットとブライアン・オコナー一味の活躍が描かれます。また,前作から登場のルーク・ホブスも主役のひとりとして存在感を発揮。FBI特別捜査官としてドミニクやブライアンとは異なった立ち位置からの活躍を見せてくれます。勿論,エルサ・パタキー演じるエレナも再登場。特に今作は『ワイルド・スピードMAX』及び『ワイルド・スピードMEGA MAX』との関連性が強い作品でありますので,この2作は事前に鑑賞していた方がより楽しめることでありましょう。一番の注目点は『ワイルド・スピードMAX』で死亡した筈のレティ・オルティスが復活すること。ミシェル・ロドリゲス好きとしては嬉しい。その強烈で強靭な強さを如何なく披露してくれます。まあ,生きていた理由は御都合主義的ではありますけれども。見せ場であるカー・チェイスは今作でも充分に楽しめます。特に今回は対戦車或いは対飛行機というカー・チェイスまで用意されており,飽きさせません。ルーク・エヴァンス演じるオーウェン・ショウも敵としての魅力を存分に見せてくれました。〈ワイルド・スピード〉好きならば問題なく,というよりも,これまで以上に楽しめる作品かと思います。残念だったのはドミニク一味から遂に犠牲者が出てしまったということ。それもかなり好きな人物だったので次回作以降見られないのは悲しいです。そして,エンドロール後には更なる衝撃の展開がありました。次の敵はジェイソン・ステイサムになる模様。早く鑑賞したいものであります。
posted by 森山 樹 at 06:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 感想(映画館)

2013年11月05日

2013年11月映画鑑賞予定

2013年11月の映画鑑賞予定は下記のとおり。

『ゴースト・エージェント/R.I.P.D.』(公開中)
『武器人間』(中川コロナ 公開中)
『2ガンズ』(公開中)
『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々:魔の海』(公開中)
『キャリー』(ミッドランドスクエア 11.08公開)
『清州会議』(11.09公開)
『サカサマのパテマ』(センチュリーシネマ 11.09公開)
『悪の法則』(11.15公開)
『PERSONA3 THE MOVIE #1』(109名古屋 11.23公開)
『ベヨネッタ ブラッディフェイト』(センチュリーシネマ 11.23公開)
『REDリターンズ』(11.30公開)
『オーバードライヴ』(11.30公開)

鑑賞したい映画がそれなりに多くて楽しみな一か月。
流石に全部鑑賞するのは厳しいだろうけれどね。
一番の楽しみはやはり前作が面白かった『REDリターンズ』。
但し,公開時期からすると来月に持ち越しの可能性が大。
『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々:魔の海』も絶対に観に行くでしょう。
『武器人間』も優先度は高めだけど公開劇場が微妙過ぎます。
鑑賞出来るかどうかやや微妙ですね。
アニメ映画が多いのも特徴的な一か月。
原作ゲームが好きな『PERSONA3 THE MOVIE』は一応見る予定です。
『サカサマのパテマ』も設定自体はかなり面白そう。
『キャリー』はリメイク作品。
クロエ・グレース・モレッツが主演ということなので楽しみです。
一本でも多く鑑賞したいところではあります。
ちょっと忙しいのが気がかりではありますけれども。

今月から様式を変更しました。
あまり文章が長いと負担が大きいのです。
暫くはこの様式で様子を見たいと思います。
先月に引き続きたまっている映画の感想も順次掲載していく予定です。
posted by 森山 樹 at 06:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞予定

2013年11月04日

2013年10月映画鑑賞記録

2013年10月に鑑賞した映画は以下のとおり。
・マン・オブ・スティール
・ロード・オブ・セイラム
・レッド・ドーン
・トランス
・天使の処刑人 バイオレット&デイジー

10月は5本の映画を鑑賞。
先月よりも少ないけれども,週一以上の頻度で鑑賞。
これくらいが一番いいような気がします。
但し,鑑賞した映画は不作でありました。
『マン・オブ・スティール』は要するにスーパーマン。
王道を行く物語が素直に楽しめました。
というか,意外にスーパーマンは戦闘力が低いのですね。
単純に敵が強力すぎただけかもしれませんけれども。
『ロード・オブ・セイラム』はロブ・ゾンビ監督のホラー映画。
ちょっと微妙。
如何にも昔懐かしのホラー映画という雰囲気ではありましたけれど。
『レッド・ドーン』は戦争アクション映画。
アメリカが北朝鮮に占領されるというのがあり得なさ過ぎて醒めてしまいます。
当初の製作段階どおりに中国にしておけばよかったのになあ。
中国市場を無視出来なかったということでありましょう。
『トランス』は絵画盗難事件に端を発する心理サスペンス映画。
催眠術の万能ぶりが既に魔法の域に達している気がします。
二転三転する真相は素直に楽しかったです。
いろいろと深読みできるのも面白いよね。
『天使の処刑人 バイオレット&デイジー』は期待外れ。
もう少し頭の悪い映画だと期待していたのになあ。
単純に美少女殺し屋が次々に処刑を執行する作品で良かったのに。
百合的な要素に欠けていたのも不満であります。
期待の仕方が間違っていると言われたら,それまでかもしれないけれど。

此処のところ,たまっている映画の感想を順調に消化しています。
とは言え,まだかなりの数が残っているのですけれども。
何とか年内には追い着いて即時更新を常態化させたいもの。
頑張りたいと思います。
記憶が確かなうちに書かないと曖昧な感想になってしまいますしね。
posted by 森山 樹 at 09:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞記録

2013年10月29日

劇場版銀魂完結篇

〈2013年映画感想32本目〉


劇場版銀魂完結篇
2013年 日本 110分
監督:藤田陽一
脚本:大和屋暁
配給:ワーナー・ブラザース映画
声の出演:杉田智和,阪口大助,釘宮理恵,雪野五月,石田彰,千葉進歩,中井和哉,鈴村健一,折笠富美子,小林ゆう,甲斐田裕子,南央美,子安武人,山寺宏一,神谷明

 完結篇と銘打たれたアニメ版『銀魂』の劇場版第二作目。如何にも『銀魂』らしい悪辣な笑いと過激な下ネタ,そして燃える展開と泣かせる物語に溢れる作品でありました。出落ちキャラかと思われた映画泥棒があそこまで重要な存在を担うというのが面白い。物語の構成としてはやや複雑ではありますが,過去と未来との交錯が過不足なく描かれておりました。登場人物も完結篇の名に相応しく常連陣は総登場。不満があるとすれば,高杉を除く鬼兵隊や神威,或いは見廻り組の佐々木異三郎と今井信女の登場がなかったということ。特にサブちゃんとのぶたすは大好きなキャラなので残念でありました。坂本辰馬と高杉も扱いとしてはごく僅かだけどね。成長した新八と神楽は素直に格好いい。どちらも銀時を彷彿とさせる装飾があるのが泣かせます。神谷明声のエリザベスの凶悪な存在感も素晴らしかった。病床にあるお妙とあやめ,月詠,九兵衛が交わす会話も心に沁みます。普段はお妙と犬猿の仲であるあやめの言葉だからこそ余計にね。物語としては少々詰め込み過ぎな感じはありますが,ある程度王道の物語と言えましょう。銀時と対峙する魘魅の正体は早い段階で分かってしまいましたけれども。魘魅の元へ銀時を辿りつかせる為に真選組と攘夷党,或いはお妙や月詠,長谷川さんたちが血路を切り開く最終決戦は熱かったです。前作『劇場版銀魂新訳紅桜篇』には及ばずとも十分に楽しめる作品でありました。白夜叉としての銀時の過去が描かれるのかという期待は外れてしまいましたけれどね。此方は原作で語られることを期待しましょう。何はともあれ,完結篇の名に相応しい綺麗にまとまった結末が素晴らしい作品だったように思います
posted by 森山 樹 at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 感想(映画館)